Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央アルプス  三ノ沢岳(さんのさわだけ)2846.5m 積雪期

山域 中央アルプス 三ノ沢岳 積雪期
日時 2016年12月10~11日(前夜発)
天候 12/10 曇りのち晴れ 12/11 曇り
メンバー 石田CL 稲葉 内吞 前山
行程 12/9 大阪発=車中泊 
    12/10 駒ヶ岳ロープウエイ千畳敷駅~千畳敷駒ヶ岳神社(10:00)~極楽平~三ノ沢分岐~幕営(13:00)
    12/11 三ノ沢分岐下部(幕営地)6:55~三ノ沢岳9:10~幕営地11:10~極楽平12:10~千畳敷駅12:30=しらび平=大阪

報告
DSC_0436.jpg
 左のピークが三ノ沢岳山頂、稜線は積雪が少なく岩稜が所々露出している。

  冬山合宿にむけてのトレーニングで、バリエーションルートであるサギタル尾根を通る予定であったが、積雪量が少なく、予定変更。千畳敷から極楽平に向けて登ることになった。
DSC_0431.jpg
駒ヶ岳神社背後に見えるサギダル尾根(積雪は少なく、覆っているのは新雪)

12/6~9日までロープウエイが点検の為運休しており、千畳敷から極楽平までトレースなし。交互にラッセルしながら(私は数歩のみ)極楽平に向けて軽快に登る。稜線に出ると風が強く、山の沢分岐を過ぎ、下降した岩陰で休息。尾根歩きも、完全に凍結しているわけでなく、下に生えているハイマツや岩の隙間に足をすくわれる箇所もあった。
DSC_0433.jpg
尾根からの展望は良く、宝剣岳や空木岳、御嶽山方面が見える(写真は空木方面)
風よけ幕営適地があったので、13:00過ぎからテント設営し、19時に就寝。12/11三ノ沢岳へ向かう。いくつかのピークを行く。
岩稜を左右に巻くが、夏道を通過する箇所もあるが、短縮し尾根を通過している箇所もある。雪質も風が強い北側は凍結しアイゼンの前爪を刺し登る箇所もあった。稜線では時より強風で耐風姿勢をとることもあった。アップダウンあるおかげでか、手がかじかんだが、登りで血流が良くなり、寒さはましであった。
DSC_0440.jpg
山頂は岩稜で三角点らしき支柱が見えるだけ。寒いので数分で下山開始となった。
DSC_0439.jpg
三ノ沢岳からの南木曽方面を望む(積雪が少ないのがわかる)
下山は早く、お昼過ぎには千畳駅にたどり付き13時前のロープウェイに乗ることが出来た。
DSC_0442.jpg
千畳敷駅から宝剣方面(積雪わずか) 極楽平から宝剣岳方面は通行しないようアナウンスが流れていた。

今回トレースのないルートを通ることで、冬山合宿に向けて良いトレーニングになったと思う。                         記 前山






黒部峡谷 下の廊下(2016年)

山域  北アルプス 黒部峡谷 下の廊下
P1030686.jpg

日時  2016年10/1~3日
メンバー 前山 単独
日程 10/1大阪~室堂泊(最終ケーブルに乗車)
    10/2室堂~黒部ダム(トローリーバスとロープエウイ利用)ー阿曽原温泉(泊)
    10/3阿曽原温泉ー欅平~宇奈月温泉~富山~大阪
天候 10/2雨のち晴れ 10/3曇りのち雨
報告
   山岳雑誌に黒部の特集が載っていた。興味をひいたのは、阿曽原温泉。そこで計画。下の廊下は未整備区間があるということで、剣沢雪渓を通るルートで計画。しかし、9月末の阿曽原温泉のHPで何とか通れるようになったとの記載を発見。山行報告もあった。しかし、単独なので何があってもいいように登攀道具とロープ持参。阿曽原温泉は予約がいっぱいということでテントも入れたので総重量15キロ超。10/1夜勤明けで、大阪発の電車に乗り、富山に向かう。立山駅に着いてすぐにケーブルカーの最終便のアナウンス。ダッシュでチケットを購入し室堂に着いた時には日没寸前。雷鳥沢でのテントも考えたが、翌日の行程を考えて室堂山荘に泊まることにした。お風呂もあり、山の上とは思えないほど快適。10/2室堂から黒部アルペンルートで黒部湖へ。ほとんどの乗客は観光客。黒部ダムから下の廊下に降りる道を探すのに手間取ってしまい、歩き始めが9時スタート。ダムから一気に沢に降りて、橋を渡る。観光放水も見事だ。
P1030689.jpg

内蔵助谷出合までは、道幅も広く危険な個所はない。

P1030707.jpg
ここから先が、未整備区間があり、桟道が傾いているところもある。しかし、フィックスロープなどが張られているし、スタンスも安定しているため通過には支障がないように思えた。
P1030691.jpg
                         黒部別山谷
黒部別山谷が黒部ダムから阿曽原温泉までの中間点。この時点で13時になろうとしていた。
P1030711.jpg



白竜狭、十字峡、半月狭、東谷吊橋を通ると、仙人谷ダムにつく。
P1030716.jpg

そこから関西電力人見平宿舎までは近い。阿曽原温泉まであと少しかと思うのだが、登り下りがきつく感じる。阿曽原温泉到着したのはちょうど17時。日没には間に合った、小屋のおじさんが、「キャンセルあって小屋も泊まれるよ」と優しい言葉。せっかく持ってきたのだが、テント場も大勢の人。小屋に泊まることにした。予定が2泊3日であったため、急ぐ行程ではなかったのだが、7時になると、みな出発した後。天候が崩れるかもしれないと言われ、私も続いて出発。
P1030724.jpg

味のある水平道をあるいて欅平に向かった。出発は遅かったのだが昼過ぎには欅平駅に着くことができた。
P1030733.jpg

P1030730.jpg

P1030741.jpg


通り雨などもあったが、雨具を着ずとも歩行可能。欅平からはトロッコ電車に乗り宇奈月温泉へ。宇奈月温泉でのんびりしてから大阪に帰った。
今回の道を歩いて、道の整備をして下さった方に感謝します。紅葉には早かったのですが、素晴らしい渓谷美を見ることができました。すれ違いに困難を要する場所もあります。大勢でのパーティーより、少人数のほうが行動しやすいかもしれません。渓谷美を余裕をもって見れるような、山行計画がいいと思います。                             記 前山

2016/9/17  木津川 笠置

参加者 上田
ビギナースラブ
なかなかスラブの登りに苦戦したが、だんだんムーブがわかってきた。
加重をかけた足に乗り込むのがポイント。
洪水あったのか、フィネス前の広場は、竹やゴミでいっぱいで下地が悪い。
20160917笠置1
20160917笠置2

2016/9/4 不動岩

参加者L上農、上田、内呑、川村、稲葉
菱形ハング~東壁 3人で登る練習
1、上田、内呑、川村
2、上田、内呑、稲葉
実際に登ってみて、3人での仕組みがわかった。
不動岩1
不動岩3
不動岩4
不動岩5
20160904不動岩6

2016/9/3 椿岩

参加者L上農、上田、内呑
前夜に駐車場へ入り、早朝から登り始めた。あさ一時降雨あったが、日がさしてきて岩は乾いてきた。
石灰岩特有の感覚がわかってきた。
1,マタニテイ5.9
2,アスレチッククラブ5.9
3,マタマタ5.9
  最後、終了点のムーブがやっとわかった。
椿岩1
椿岩2
椿岩3
椿岩4
椿岩6

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム-

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。