FC2ブログ

Entries

2019年8月2日〜4日 剱岳 源次郎尾根

山行形態:バリエーション
日時:2019年8月2日(金)〜8月4日(日)
天候:晴れ/一時雨
メンバー:上農[CL]・前山・畑
記録:畑
行程:
8月2日(金):室堂BT 9:25・・・12:00 剱沢幕営地 
8月3日(土):剱沢幕営地5:00・・・6:40 源次郎尾根取付・・・10:50 Ⅰ峰・・・11:50 Ⅱ峰・・・12:00 Ⅱ峰懸垂下降ポイント・・・12:35 Ⅱ峰鞍部・・・13:40 剱岳山頂・・・15:20前剱 ・・・17:30 剱沢幕営地 
8月4日(日):剱沢幕営地5:20・・・8:40 室堂BT

1日目
1日夜に大阪を出発し、立山駅駐車場にて仮眠をとり2便目のケーブルで室堂BTへ。
夏休みでもお盆前の平日とあってか、さほどの混雑のない晴天の室堂から硫黄の臭いの立ちこめる中、剱沢目指して歩き始める。
剱沢に到着しテント設営後、剱沢小屋の下部の雪渓の状態が観察できる所まで下ってみる。
遠目に人が雪渓へ移って歩いている姿を確認、。
あの辺りから雪渓に移れるか...と見当を付けた後、テント場へ引き返すと偶然出会ったCLの知人より雪渓の情報を聞く事ができた。
異常な温かさを感じつつ、翌朝4時スタートに備えて就寝。

0.jpg
初日。快晴の剱沢。


2日目
昨夜21時頃からだろうか、テントを雨が叩き付ける音で目が覚める。
その後雨あしは雷を伴い、強くなったり弱くなったりを繰り返しながら朝方まで続き、起床予定の3時になっても雨は止まず。
本日の行程を思案しながら様子をみていると雨が止んだので取り敢えず出発の支度にかかる。
かなりの雨だったので岩の状態が心配ではあるが、予定より1時間遅れで出発。
剱沢雪渓を平蔵谷出合まで行った所でギアを身につけ、はっきりと踏み跡のある草むらの中へ入って行く。
1-1.jpg
平蔵谷出合で雪渓歩きは終了。
1-2.jpg
雪渓から取付きまでのはっきりした踏み跡。

すぐに岩の表面に水が流れ落ちる取付きへ到着、躊躇無くロープを出しCLがトップへ。
CLのコールで続いて登るがホールドも水びたしの上、足も滑って登りにくく出だしから少々焦る。
最初の岩を登ってすぐ、後続のパーティに先を譲り 追って沢のような踏み跡を辿ってジャングルクルーズへ。
2.jpg
1P取付き。
3.jpg


その後2回岩場でロープを出し、灌木帯で滑らないように注意しながら進んでいくとハイマツ帯が現れる。
ハイマツと岩の境界部分を狙って登りⅠ峰めざしてルートを定めようとするが何度かルーファイミス。
ルート修正の為、クライムダウンしている間に後続のパーティが先行する。
この日源次郎尾根に取付いたのは我々を含め、この3パーティだったようだ。
4-1.jpg
2回目のロープ。まだ岩が濡れていて滑る。
4-2.jpg
3回目のロープ。この頃になると少し岩が乾いて登りやすくなっていた。
6.jpg
Ⅰ峰ピーク。快晴。
7.jpg
Ⅰ峰からの八ツ峰。

Ⅰ峰を越えヤセ尾根を少し下降し、今度はⅡ峰目指してルートを探す。
どんどん高度を上げていくと長次郎谷を挟んだ八ツ峰の迫力ある姿がテンションをあげてくれる。
文句なしの晴天に今度は水分と体力の消費配分を気にしながら歩き、Ⅱ峰の懸垂下降ポイントでちょうど12時。
先行パーティの懸垂下降待ちの間に北方稜線にいる岳友、大澤氏に無線交信を試みるが残念ながら交信できず。

8.jpg
ハイマツと岩の境界を登る。
10.jpg
Ⅱ峰ピークより長次郎のコルを見上げる。

50m+30mロープでコルへ下降すればあとは剱の頂上めざしてガレ尾根をひたすら登るだけ...と思いきや尾根への登りでまたしてもルーファイに手間取ってしまう。
トップをCLに交替後、ほどなく尾根からピークの祠の前に登り詰め登頂。
ピークには登山客はまばらでしばらくの間登りきった達成感に浸るがまだ折り返し。と気合いを入れ直し天気が崩れる前に...と急いで別山尾根を下山開始。
別山尾根ではガスで真っ白な日本海側から熱風が吹き上げ 触れる岩も熱く、まるで岩盤浴状態。(ログデータの記録では最高気温30度!)
平蔵のコル、武蔵のコルでは雪渓からのひんやりした風で少し生き返った心地がしてありがたかった。
日暮れ前にテント場に無事到着。
登頂祝いにCLがごちそうしてくれた晩酌のビールが最高に美味しかった。

この日各自が担いだ水は2〜3L。剱沢に戻る頃にほぼなくなった状態。
暑さの中の長時間行動、食料や水分の携行方法や摂取方法も工夫・検討の余地がおおいにあると感じた。

11.jpg
Ⅱ峰懸垂ポイント。50mでは少し足りなく、テラスからクライムダウンが必要。
12.jpg
頂上までのルーファイに戸惑う。
14.jpg
快晴の剱山頂。

15.jpg
剱沢へ下山開始。一番辛いのはここからだったかも。

16.jpg
別山尾根はサウナ状態。日本海側からロウリュウが!

17.jpg
17:30剱沢テン場へ無事帰還。お疲れ様でした。

3日目
この日も朝から快晴。午前中に立山駅に到着。
近くの温泉でさっぱりし大阪へ。

今回の源次郎は山の経験値のない自身の初バリエーション山行であり、準備の至らなかった点や日頃のトレーニングの成果の是非のほか、様々な事柄を検証できる素晴しいものとなった。
ルーファイ、ギアの選択や使い方、歩くペース配分や技術・・・etc.課題を挙げればキリがなく今後も精進あるのみだが、
私にとっての一番の収穫は『自身の持つ力量にあった山行』を選ぶのではなく『自身の力量を山行に向けて合わせていく』楽しみや充実感を味わえた事、
そして、その準備段階からチームとして動く事の大切さをまだ少しではあるが知る事ができた事だと感じている。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。