FC2ブログ

Entries

2019年双子尾根バリエーション 杓子岳 白馬岳

日時 2019年5月3日~4日
場所 北アルプス 双子尾根
メンバー 上農 前山
山行形態  雪稜バリエーション
行程 5月3日 猿倉駐車場~小日向のコル~樺平 幕営
    5月4日 樺平~奥双子のコル~JP~杓子岳~白馬岳~大雪渓経由~白馬尻~猿倉駐車場
天候 晴れ
報告
P5040109.jpg
ゴールデンウィーク前半は東北にBC、後半は双子尾根から杓子岳への雪稜バリエーションを計画。双子尾根や白馬、白馬鑓ヶ岳は山スキーをする人が多く、その下見も兼ねて選択した。


P5030096.jpg
猿倉荘前を通り林道を歩く

P5030097.jpg
小日向のコルへは鑓温泉と書かれプレートからブナの木立の中を猿倉平に向けて歩く。トレースも多い

P5030099.jpg
猿倉平から正面にジャンクションピークが見える。ジャンクションピークの右側が杓子尾根で左が双子尾根、ジャンクションピークにせりあがっているのが長走沢。

P5030102.jpg
沢を横切って小日向のコルに登る。
P5030104.jpg
小日向のコルから痩せた尾根を行く。所々雪がなくブッシュが出ているところがあった。シュルンドも多く緊張。幕営予定の樺平に昼前に到着。この写真から下がった所が樺平。早い時間だったので後続パーティがJPに登っていくのが見える。
雪ブロックでテント周囲を囲み、風対策。積雪期に使用したことがなかったテントで張り綱が竹ペグを固定するには不具合があったがピッケルやスノバーで固定。
早くから寝て、3時起床のはずが、気づけば4時に起き、テント撤収などを行い。6時半出発。
P5040112.jpg
奥双子のコルあたりで、もろい岩稜がある。そこをさけて長走沢を登るトレースあるが、気温上昇で足元の雪も緩んでいるので、怖い。朽ち果てたフィックスロープが垂れ下がっている。ロープ確保で登ろうとするが逆層と岩が脆く思案している最中、ソロの登山者が杓子沢面の岩稜を登っていた。ジャンクションピークを過ぎ、緩やかな斜面から、岩稜はナイフ・エッジとなる。岩近くはシェルンドがあり緊張。そこから杓子岳頂上のの雪庇が見える。
P5040113.jpg
手前の雪壁を超え、ここを登れば杓子岳山頂

P5040115.jpg
後ろには剱岳。本日仲間が登っている。

P5040125.jpg
杓子岳から白馬岳に向かう。白馬岳から杓子岳と白馬鑓ヶ岳

14時から大雪渓を下る。デブリも多い。白馬尻まで急ぐが雪が緩み深くまではまって歩きにくい。猿倉駐車場に着いたのは16時をまわっていた。雪稜での経験不足を痛感。もっと雪稜に行き、一つ一つの技術を自分のものにしなければいけないと感じた。雪質の怖さを感じた。本日は北アルプスで滑落事故も報告されている。気温が高くなるにつれ、岩周囲にシェルンドが大きく口を開いている。雪のつき方で難易度が変わる。先行者がつけたトレースは必ずしも安全ではない。経験を積むことで見えるルートがある。安全で素晴らしい山が楽しめるよう日歩精進していきたい。               記 前山








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。