FC2ブログ

Entries

夏合宿 北穂高岳東稜

平成30年 夏合宿報告

・期日    8月11日(土)~13日(月)
・山域    北穂高岳(東稜)
・メンバー  CL石田 上農 前山 山崎 
北村 畑 guest大澤
・タイム   8/11 あかんだな駐車場 4:40―5:30上高地6:00―横尾8:30―本谷橋9:30―涸沢11:30

8/12 涸沢4:08―南稜分岐5:20―東稜6:30-東稜コル9:00―北穂小屋9:30―涸沢12:00

8/13 涸沢5:10―本谷橋6:20―横尾7:30―上高地10:10―あかんだな駐車場11:10

 8/11   天気予報では3日間とも午後から雨のあまり好くない予報。北鎌パーティーも北穂東稜と前穂北尾根に変更して我々と涸沢まで同一行動に切り替える。上高地は相変わらず早朝からすごい人。その中を梓川沿いに明神、徳沢横尾へと向かう。久しぶりにこの道を歩く。昔のイメージとは大きく違い特に横尾の橋が立派な吊り橋に代わっているのにはおどろいた。横尾から屏風岩を左に見ながら昔登った頃を思いだす。昔に比べてブッシュが増えたようにも思う。本谷橋も立派な吊り橋に代わっていた。ここからが今日の核心。いつ来てもつらいイメージしか残らない道を涸沢はまだかまだかと登って行く。やっと涸沢到着。時間がまだ早いせいか思ったよりテントが少ない。早速テン場を探しテント設営。そこへ槍から下山したはずの大澤氏が現われる。天気が回復したので予定通りキレットを越して来たとの事。久しぶりの再会を口実に涸沢ヒュッテ、テラスで生ビールで乾杯。
201809030124128c0.jpeg

20180903011258098.jpeg


8/12   朝4:08 大澤さんと別れ涸沢を出発。北穂へのしばらく登るがガスで取り付きが確認出来ない。踏み跡、小さなケルンを目標に進む。
20180903074313db3.jpeg

他のパーティーが落としたと思われる落石が山崎を直撃しそうな場面も。
201809030740086c0.jpeg

弱点、弱点を拾いながらやっと東稜の稜線に到着。小休止の後岩稜に取り付く。グレード的には難しくないが高度感のある所も有り緊張する。
2018090301211781f.jpeg

20180903072303a78.jpeg

2018090307313397c.jpeg

最後のやせ尾根と懸垂下降が終わると東稜のコル、後は北穂の小屋を目指して登るだけ。ここもガスでルートファイディングに苦労したが無事終了。
201809030121290c0.jpeg

2018090301204395b.jpeg

20180903013521058.jpeg

小屋の前で大休止を取り北穂頂上へここで滝谷に行ったはずの蛍雪パーティーと出くわす。
2018090307132336f.jpeg

岩場はびしょ濡れで引き返してきたとの事。残念。頂上直下から滝谷を覗いて見たがガスで何も見えない。風も強い。我々も北穂から涸沢岳、奥穂と行く予定だったがいつ雨が降るかわからない状況で涸沢へ下山する事とした。途中一瞬ガスが晴れてゴジラの背が見えたが全容をそることはできなかった。涸沢到着後は祝杯を挙げに涸沢ヒュッテで生ビール。美味い!!

8/13  夜中、雷と豪雨の為どうなるかと思ったがテント撤収のころには小雨となり一安心。上農パーティーも北尾根をあきらめ一緒に下山する事に。
上高地までの道中も雨が降ったりやんだりであった。
今回は新人を対象に選んだバリエーションで有ったが、登る事自体は問題なかったが、ランナーの取り方、ルートファイディング等課題を残したように思う。今後のトレーニングにこの辺りを十分認識して臨んでほしい。

(記 石田)
                       
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。