Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

八海山 報告

期間  平成29年12月29日(金)~平成29年12月31日(日)
・メンバー  石田 英行  山崎 禎之

穂高や剱も良いが人の居ない所で自分達のトレースを付けようと新人の山崎と八海山へ出かける事にした。
八海山は谷川の帰り関越道を通るたびに「綺麗な山やなぁ一度は登ってみたい」とずっと思っていた山である。
 12月29日(金)21時、三国ケ丘駅前発。
12月30日(土) 3時越後川口SA到着仮眠。7時00分朝食を済ませて八海山スキー場へ向かう。
7時45分スキー場ロープウェイ駅到着。荷物の整理、身支度を整え8時20分のロープウェイ
に乗車。約7分で山上駅。山上駅とは言ってもここは4合目。ここからワカンを装着し9時出発。

しかしこの辺りにしては少ない方ではないか?
展望台前を通り約30分で遥拝堂避難小屋。無雪期なら5分と掛からない所。ここで作戦会議。このままでは今日一日ラッセルしても大して進まん。この避難小屋に荷物をデポして空身で行ける所までラッセルして引き返そう。と言う事で避難小屋の入口を掘り返し荷物をデポ。避難小屋を10時出発。


雪の為見通しは良くない。とにかく尾根沿いに標布を立てながら登って行く。場所によっては雪庇の張り出した所も有る。



約40分で開けた場所に。この辺りが4合半かとも思うがはっきりとしない。もっと天気が荒れればきっと迷うであろう。さらに約1時間、小ピークに到着、時間は12時前、今日は空身という事も有りここまでとする。引き返すのはなんと30分ほどで避難小屋到着。ま、こんなものか。
小屋は貸し切り状態と寝不足も有り小屋の中にテントを張り快適な中、荷物を減らすべく呑むものを
呑み食べるものも食べ19時に就寝。

12月31日(土)5時30分起床。前日からの天気予報で1日、2日は大荒れの天気になるとの事。
そこで頂上は断念しアタック装備で浅草岳(女人堂)を目指すことにする。

天気曇り。7時出発。昨日のトレースを辿り約40分で昨日の最高到達点まで到着。ここからまたラッセルの始まりで有る。積雪は昨日とあまり変わらず股から腰。所々胸までと言った所。昨日の最高到達点から約30分で4合半と思しき所。やや広い台地状の所でここも天気が荒れれば迷いやすい。小休止の
後約1時間で池ノ峰。ここも標布が無ければ迷うであろう。やがてコギ池と思われる窪地が見えて来る。

女人堂は目と鼻の先に見えるのだがなかなか近づかない。そして直下の急登。傾斜がきつい分ラッセルが儘ならない。頭の上から雪を掻き落とし踏みつけて登るのだがなかなか前へ進まない。それでも何とか登り切り11時30分女人堂へ到着。


薬師岳のピークが目の前に見えるのだが今日のペースならまだ後1日は十分掛かるだろう。天気が怪しくなって来た為、休息もそこそこに下山に掛かる。途中単独の登山者とすれ違うが彼も天気が下り坂なので無理はせず行ける所までとの事。結局今回の山行で人に会ったのはこの人だけで有った。13時30分遥拝堂避難小屋着。小屋の周りは昨日とは売って変わって沢山とは言わないが幾人かの人がウロウロ。1日早くてよかった。小屋の荷物を片付けて14時20分のロープウェイで下山。
結局2日間の山行で有ったが久しぶりにラッセルを満喫する事が出来た。
人の入っていないところへ自分たちが踏み込んで新しいトレースを付ける。これも冬山の醍醐味では
ないだろうか? 
山崎も新人ながらラッセルは大いに頑張ってくれた。(俺より強かったかも)
次は頂上まで行こうなぁ。
穂高や剱もそれなりに魅力では有るが自分達でラッセルをしてトレースを付ける事が出来る山。
しばらくは、はまりそうで有る。
                                    (記 石田英行)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。