Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

大行沢 2017/8/11〜8/14

メンバー CL石田、井上、山崎

8月11日、4時半大阪発。16時頃、二の口キャンプ場駐車場着。残念ながら雨模様。翌日も雨予報だったため、明日の山行予定は延期に決定。3人で泊まれる宿探し。山形県まで移動。駅前のお母さんが3人でしている居酒屋でご当地のだだちゃ豆と芋煮を堪能する。
翌日12日は再び宮城県に移動するが、この日は東松島で観光と牛タン定食を満喫した。


夕方、二の口キャンプ場駐車場に移動。小雨になっていたものの翌日も雨予報。このまま小雨なら少しだけでも大行沢へ入渓しようと決め、駐車場にて一晩を過ごす。

13日、小雨模様。雨が強くならなければ大丈夫だろうとのことで登山口まで移動。6時頃、大東岳裏登山道より入渓ポイントまで移動。

当初予定していたところは登山口より1時間半程度の場所だったが、入渓したのは2時間近く移動したところだった。雨は小雨程度。

雨の日の雨滝
8時頃入渓した。入渓するとCLより「片足を上げると流れに足を持って行かれるからすり足で歩くように」と指示があった。入渓すると水の冷たさと流れが強いなぁ、と感じた。自分はナメというのが初めてであったが雨の日のナメまた神秘的だった。



晴れていたらどれ程素晴らしいのもだったのか。ネットでの情報通りアスファルトのようだった。しかし、ネットの写真よりは水量も多く、流れも強かったのかもしれない。


水の冷たさと流れの強さにもなれてきたところで、先輩の井上さんに沢登りで自分が疑問に感じていたことを教えて頂きながら、ナメ歩きを満喫した。途中、ちょっとした滝も1つ登った。登る前、ロープを出すか、と悩んだがロープを出さずに登る。足の置き場もしっかりとあったので問題なく登り切る事が出来た。

入渓してわずか45分で樋ノ沢避難小屋が見えて来た。えっ⁈もう終わり?と3人とも感じた。避難小屋にあったノートに来た痕跡を残して下山開始。途中、本来ビバーグする予定だったところを確認した。その場所には焚き火の後もあった。天気さえ良ければ・・・また、この辺りから入渓するべきだったと反省もしながら11時登山口到着。今回は蛭被害はなかった。近くの温泉に入り、仙台を後にし魚津で宿泊。14日昼頃帰阪した。
11日から14日までずっと雨だったが、CLのスマホ合宿に名を変え、楽しい3泊4日の合宿だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。