Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬岳  山スキー

山域     白馬岳(長野県)
山行内容  山スキー
日時     2017年5月27~28日
行程     猿倉→白馬尻→葱平→村営頂上小屋(休業)→白馬山荘(営業)→白馬岳→(下山スキー滑降)→猿倉
参加者   CL上農 前山
天候     5/27 5/28 両日晴れ
報告  
10_20170612062427215.jpg

   
 前夜大阪発、白馬道の駅で仮眠後に猿倉に着く。前夜から降り始めた雨が止まず、待機。6時過ぎに雨も止み、出発。猿倉から白馬尻まで林道は雪解けも始まり、白馬尻までスキーは担ぐことになる。トレースもあり、道は判りやすいが、スキー板を担ぐと木に引っかかり歩きにくい。スキー靴での歩行にも慣れない私はCLを何度も待たせることになる。    
白馬尻に到着した頃には、気温も上がり着ていた雨具のせいで、大汗をかいてしまった。白馬尻からシール装着で登りはじめる。雪質はザラメで左右からの落石が転がっていたり、雪解けが進み雪面も柔らかくなり沢の音が聞こえる箇所もあった。基本、CLのトレースを追って登る。大雪渓中頃より、傾斜がきつくシール歩行が困難(CLはかなり上の方まで行っている)何度も転ぶ私のそばを、何人も抜き去っていく。他者より早く板を担いでアイゼン歩行となる。葱平からの傾斜はさらにきつい、休憩とるような箇所もない。スキー靴で急斜面の歩行がきつく、CLとの距離がかなりあいてしまった。のどの渇きを我慢しながら追いかける。8_201706111926391d8.jpg

苦しい斜面を登りきると、遠くに村営の山小屋が見えてきた。時間のロスが多く、時間的に白馬岳には行けないかもしれない。村営小屋で決めることになる。村営小屋まで行くと、直ぐ近くに白馬山荘。白馬山荘から白馬岳は近い。1_20170611192629a7e.jpg

村営小屋から少し登った稜線付近にスキーをデポし、山頂へ。14時過ぎに山頂到着。


2_20170611192630959.jpg
剱岳が見える

3_201706111926323b9.jpg



山頂付近からスキー滑降する若者もいた。すごい!(後で知った)その日に、下山すべきであったが、私がバテてしまい、小屋で泊まることになった。
小屋は空いていた。翌日下山。
14.jpg
小屋から見た景色

5_2017061119263545f.jpg

9_2017061119271532a.jpg

昨日の雪質と違い滑りにくい。
7_20170611192638aa4.jpg

何度も転んでしまう。葱平の急斜面上部で、「ここからは慎重にしないと危険」とCLからのアドバイスを受け滑る。急斜面でバランスを崩し転倒。急斜面で止まらない。しかし、雪質が柔らかく、流されていく際に足をそろえることが出来て、岩にあたり止まった。ザックの背面にスコップ類などがあり、打撲程度で助かった。転倒した後は、アイゼンで下山。ゆるい斜面になってから白馬尻までスキー滑降。白馬尻から猿倉までは板を担いで下山した。転倒を繰り返し、下山でも時間がかかってしまった。反省する事は、多々ある、今回の事を踏まえ、もっとスキー技術や道具の使い方、ルートの読み方など、スキルアップしていきたいと思った。何があっても懲りない。同行者に迷惑をかけないようにしていきたいと思います。山スキーは日帰りに限ります。        
報告 前山

スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム-

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。