Entries

北アルプス 穂高 積雪期(冬山合宿)

山域 北アルプス 涸沢岳
日時 2016年12/30~2017年1/1(前夜発)
天候 12/30 曇り 12/31曇りのち晴れ 1/1雪のち晴れ
参加者 CL石田 上農 稲葉 内吞 井上 前山
日程 12/29  夜 大阪発
    12/30  新穂高~白出沢出合~涸沢岳西尾根2200m付近
    12/31  2200m付近~涸沢岳~涸沢岳西尾根2200m付近
    1/1    2200m付近~白出沢出合~新穂高
涸沢岳1
報告
新人2名含む6名で今年度の冬山合宿は穂高に決定。12/29大阪を出発し深夜過ぎに新穂高駐車場に到着。車中で仮眠をとり明るくなってから出発。積雪少なくトレースあり歩きやすい。9:00穂高平小屋到着。白出沢出合で一息入れて西尾根に取り付く。出だしに腰あたりまで伸びた竹が出迎えすぐに急な登りとなる。トレースもあり、尾根にそって一定間隔で赤布があるので視界が良ければわかりやすい。積雪は少ないが、凍結している急斜面などもあり、途中でアイゼン装着。標高1900mあたりで一定の積雪があり、藪はなくなる。CLの膝の調子が悪く標高2200m地点で幕営。
12/31CLはテント待機とし5名で6:45出発。2400m地点に快適な幕営地があり数個のテントが張られていた。
2017冬山2
標高2600を過ぎると森林限界となる。朝方は冬型の気象で、ガスや突風もあり緊張。
FB_IMG_1483410133972.jpg

蒲田富士の取り付きは岩も出ていてスタンスやホールドとなっている。
2017蒲田富士
左右に雪庇があり緊張する場面が多かった。視界不良でトレースを見失う場面があり危険な方向に進みかけたことがあったが。GPSで確認し難を逃れた。
2017稜線
稜線はトラバースする箇所も数か所あり、緊張の連続であった。
何組かのパーティーとすれ違うが、視界不良で涸沢岳で引き返しているようであった。
1483352778391.jpg
涸沢岳到着が11:30。
FB_IMG_1483410216825.jpg

我々が到着時も、ガスに覆われ視界不良で奥穂高に行けば明るいうちに幕営地に帰ることは困難と考えここで撤退となる。
2017冬山3
北穂高岳 滝谷

下山時に急に天候回復し、稜線からジャンダルム、奥穂高、槍ヶ岳の景色を見ることが出来た。苦しい登りであったが、心が癒される瞬間であった。
FB_IMG_1483410265402.jpg
ホッと一息
2017顔
すがすがしい顔
FB_IMG_1483352585534.jpg
この先が奥穂方面で視界不良。ここで記念写真。

2017槍
槍ヶ岳

下山開始し15:00に標高2200m地点の幕営地に到着。大晦日は井上さん食事担当で年越しそばをいただき軽く宴会。翌朝7:00から下山し新穂高指導センターに10:30頃到着。平湯で入浴後帰阪する。(一部は高山で静養)
今回、ピッケルなど道具の使い方について、学ぶことが多かった。個人的には、アイゼントレの不足を思い知らされた。これからが雪山の季節となる、個々に感じた事をこれからの登山に活かしていきたいと思った。  報告    前山
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。