Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央アルプス  三ノ沢岳(さんのさわだけ)2846.5m 積雪期

山域 中央アルプス 三ノ沢岳 積雪期
日時 2016年12月10~11日(前夜発)
天候 12/10 曇りのち晴れ 12/11 曇り
メンバー 石田CL 稲葉 内吞 前山
行程 12/9 大阪発=車中泊 
    12/10 駒ヶ岳ロープウエイ千畳敷駅~千畳敷駒ヶ岳神社(10:00)~極楽平~三ノ沢分岐~幕営(13:00)
    12/11 三ノ沢分岐下部(幕営地)6:55~三ノ沢岳9:10~幕営地11:10~極楽平12:10~千畳敷駅12:30=しらび平=大阪

報告
DSC_0436.jpg
 左のピークが三ノ沢岳山頂、稜線は積雪が少なく岩稜が所々露出している。

  冬山合宿にむけてのトレーニングで、バリエーションルートであるサギタル尾根を通る予定であったが、積雪量が少なく、予定変更。千畳敷から極楽平に向けて登ることになった。
DSC_0431.jpg
駒ヶ岳神社背後に見えるサギダル尾根(積雪は少なく、覆っているのは新雪)

12/6~9日までロープウエイが点検の為運休しており、千畳敷から極楽平までトレースなし。交互にラッセルしながら(私は数歩のみ)極楽平に向けて軽快に登る。稜線に出ると風が強く、山の沢分岐を過ぎ、下降した岩陰で休息。尾根歩きも、完全に凍結しているわけでなく、下に生えているハイマツや岩の隙間に足をすくわれる箇所もあった。
DSC_0433.jpg
尾根からの展望は良く、宝剣岳や空木岳、御嶽山方面が見える(写真は空木方面)
風よけ幕営適地があったので、13:00過ぎからテント設営し、19時に就寝。12/11三ノ沢岳へ向かう。いくつかのピークを行く。
岩稜を左右に巻くが、夏道を通過する箇所もあるが、短縮し尾根を通過している箇所もある。雪質も風が強い北側は凍結しアイゼンの前爪を刺し登る箇所もあった。稜線では時より強風で耐風姿勢をとることもあった。アップダウンあるおかげでか、手がかじかんだが、登りで血流が良くなり、寒さはましであった。
DSC_0440.jpg
山頂は岩稜で三角点らしき支柱が見えるだけ。寒いので数分で下山開始となった。
DSC_0439.jpg
三ノ沢岳からの南木曽方面を望む(積雪が少ないのがわかる)
下山は早く、お昼過ぎには千畳駅にたどり付き13時前のロープウェイに乗ることが出来た。
DSC_0442.jpg
千畳敷駅から宝剣方面(積雪わずか) 極楽平から宝剣岳方面は通行しないようアナウンスが流れていた。

今回トレースのないルートを通ることで、冬山合宿に向けて良いトレーニングになったと思う。                         記 前山






スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム-

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。