Entries

2016/3/20 霊仙山(滋賀県)

福寿草を見に川村さん夫妻と霊仙山ハイキングを計画する。
メンバー;川村夫妻、松長
天候;曇り、頂上はあられ
3/19 JR久宝寺駅を21時に出て米原インターを出て琵琶湖畔の道の駅近江母の郷で仮眠。駐車場が広くテントは張り放題。車がいっぱい停まっていたがみんな中で仮眠しているのだろうか?
3/20 翌朝6時前に鶏の鳴き声で目が覚める。横の敷地にツリーハウスがあり鶏小屋もある様子。すぐ横が琵琶湖でロケーションは抜群。風が強く山はもっと強いだろうと少し不安。7時30分頃出発、登山口には8時前に着く。5台しか停められず後から次々に来た車は路肩に停めていた。約束の8時を過ぎても荒木さんが来ず圏外で連絡もできない。歩き回っていると偶然荒木さんからのメールを受信、体調が悪く行けないとのこと。20分遅れで出発。途中閉鎖された山小屋があり飲み物の無人販売をしていた。当初計画していた西南尾根へ向かう途中に通る落合が閉鎖と看板にあり、汗フキ峠から頂上までのピストンに切り替える。全く雪がなく、植物もまったくない。石灰岩のあるアルカリ性の土壌が関係しているのかもしれない。開けた所に出ると危険の張り紙があり、ここからはぬかるみの道。前を歩く人たちはぬかるみを避け急登の落ち葉の斜面を這いつくばるように登っていく。私はぬかるみを行く。さらに開けた丘状のところに出ると小さな池と鳥居があった。霊仙神社跡だ。斜面には少しだけ雪が残っていた。ここから頂上までは強風であられも降り出し顔に当たって痛い。頂上手前に川村君が避難小屋を見つけたので5分ほど下りそこでラーメンを作って食べた。
川村さんが天気が荒れているので頂上から先の福寿草は見に行かずに頂上で引き返したいと言ったのでそうする。ダウンや雨具のズボンなどありったけ着込んで頂上まで行った。ガスがかかっていて全く景色は見えなかった。川村さんは1000mくらいの山でなめていたと装備不足を反省していた。寒いのですぐに下山。11時30分頃には登山口に着く。下りは無人販売の発泡酒を川村さんが買って飲んでいたが鉄の味がして不味いと残していた。
たった5時間の歩行だったが、ものすごいぬかるみ道と強風とあられでかなり疲れた。登る前は気軽なハイキングのつもりだったが、山の上のほうは大荒れだった。(松長)image1-1.jpg
image2-5.jpg
image2-2.jpg
image3-2.jpg
image3-3.jpg
image1-2.jpg
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。