Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/3/5 武奈ヶ岳

天気;曇り一時晴れ
メンバー;木田、荒木、内呑、松長

坊村8:53〜西南稜〜頂上12時頃〜①木田、荒木 西南稜から坊村へ下山14:30 ②内呑、松長 コヤマノ岳〜中峠〜坊村へ下山15:00

しばらく歩いていなかったので久しぶりに琵琶湖の見える武奈ヶ岳へ行く。琵琶湖バレイ積雪75cmとあったので期待していたが、雪は日陰の斜面にシャーベット状にあり、頂上はくるぶしくらいでほとんど雪はなかった。気温がかなり高く道はぬかるみ靴やスパッツはドロドロになった。コイワカガミは葉っぱだけでまだ花は付いていなかった。私は2ヶ月ぶりの登山だったので最初の急登が苦しく息は上がるし脚は何回もつりそうになるし、体力の衰えを痛感した。やはり有酸素運動は日頃からやっておかないとダメだなと実感した。何とか頂上に着くが霞んで琵琶湖はほとんど見えなかった。
荒木さんは尻シェイドの道具を持ってきていて斜面で少し試したようだった。
下山は、私はコヤマノ岳は通ったことがなかったのでそちらから下りた。荒木さんは距離の短い方がいいということで上りと同じコースを選択。男性陣はどちらでもいいので適当に二手に分かれた。
私は上りは遅かったが下りはかなり飛ばし、荒木さんたちと30分の差で下りれた。
久々に自然の中を歩けて気分もすっきり、充実していた。image3-1.jpg
image2.jpg

                                    (松長)

スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。