Entries

冬季 剣岳 (早月尾根)

冬合宿報告書
山域 剱岳(早月尾根)
期間 2015年12月29日(火)~1月2日(土)
日程 
12/29夜 大阪発
12/30伊折(6:40)~馬場島(8:30着9:00発)~標高1600m地点(13:00)幕営
12/31標高1600m地点(6:50)~早月小屋付近(12:20)幕営
1/1 早月小屋付近(7:35)~獅子頭~剣岳頂上(12:30着 12:50発)~獅子頭~早月小屋付近(15:35)幕営
1/2 早月小屋付近(7:40)~馬場島(11:00着 11:30発)~伊折(13:30)
天候
12/30晴れ 12/31曇りのち雪 1/1曇りのち晴れ 1/2曇り
メンバー
 CL石田 稲葉 前山

剱岳


報告
12/29~30
冬期剱岳に行ってきた。大阪から上市まで車で向かう。途中のサービスエリアで仮眠し上市でタクシーに乗り換え伊折集落まで向かう。前日にタクシー会社に最終確認を行った。その際、雪も少なく伊折奥の剱青少年研修センター跡まで送迎できると言われたが、前日に雪が降り、伊折集落ゲートで下車。(雪道用の車なら奥のゲートまで走行可能)ここから馬場島まではまだ遠い。覚悟を決め歩き始めて30分、地元の登山者が車で通過。
11e08234ab5fcaaf894ede54569276af98d54383std.jpg
伊折のゲート前

親切なお言葉に甘えて、乗せてもらうことになった。剱青少年研修センター跡のゲートより先は、山岳警備隊のキャタピラの跡のみ。
6e89c9f3c25f342236a04b97c8c615a624895531std.jpg
ここまで乗せてもらった。(ありがとうございます)
予定より早く馬場島に到着。富山県警山岳警備隊に入山することを伝え、ヤマタンを借りる。P1030535.jpg
馬場島でヤマタンを受け取る

ヤマタンを首にかけて入山。キャンプ場奥の登山口から入山。積雪はあるがトレースがあり、無雪期の階段より積雪あるほうが歩きやすい。
P1030537.jpg
松尾平付近
稲葉さんは赤布のついた竹を持っているので、樹林帯で苦労しながら登っている。CL石田さんは運転の疲れもあり、眠そうだ。松尾平で幕営予定であったが、標高1600mの標識がある地点まで登り、初日の幕営地とした。水作りをして夕食をとり早々に就寝。
P1030538.jpg
標高1600m付近からの景色


12/31
 午後から天候が崩れる恐れがあるということで、早々に出発。早月小屋まであと700m登る事になる。装備や食料(予備日分含む)などザックの荷も重く、そう簡単には登れない。トレースはあるが柔らかく、踏み外すと、深くまではまりこんでしまう。早月小屋が見えてからも、なかなか着かない。遠くに見える下山者の歩き方が、知人のMさんに似ていると石田さんに言われ、休憩兼ねて立ち止まる。やはりMさんだった。Mさんの顔見てホッとする。天候が崩れて停滞していたことをきく。Mさんから、雪洞を作った場所があるので、それを広げたらと助言される。Mさんと別れて、最後のピークを登り早月小屋前に到着。P1030546.jpg
先行の稲葉さん

f33206e896633ea75aa3dfadfc460c62cc846669std.jpg
早月小屋

積雪量少なく、トイレの入り口も見え、使用可能であった。Mさんが作った雪洞を広げて、風よけにし、幕営地とした。設営後に雪が降り始めた。水作りをし、今後の予定を話し合う。予定通り、1/1アタックするが、時間を決めて行動することになった。前進は12:00までとする。各自、非常食とガスなどビバークに備えた装備を就寝前に用意し、早々に入眠。
1/1
 2e1ba6f730abf5c56c257cf8d3402b333234821bstd.jpg
薄明るくなってから出発
早月小屋から先はアイゼン装着。昨夜積雪があったが、先行パーティがありトレースがついていた。岩稜が多くなったあたりで、ストックをデポし、ピッケルで登りはじめる。緩斜面でロープを出しているグループがいるため、停滞することもあった。エボシ岩はハイマツや岩稜が出ていて、残置のロープやスリングがあった。ピッケルを打ち込み、慎重に登った。獅子頭とカニのハサミも先行パーティ待ちを強いられた。カニのハサミは鎖が出ていたので、それを利用し通過。山頂直下はアイゼンの前歯とピッケルで稜線へ。稜線の道標から山頂までは100メートルほど。山頂で先行パーティが登頂の喜びを分かち合っていた。私自身も山頂にたどり着いた達成感で胸がいっぱいになる。

a href="http://blog-imgs-88.fc2.com/s/e/i/seihoclub/ec1aefa750860ba3c40eacacf4e053188df4e2fastd.jpg" target="_blank">ec1aefa750860ba3c40eacacf4e053188df4e2fastd.jpg
山頂より朝日岳方面を望む



d2719a1d772cb972487ed9b6a3e862fc6c6cc330std.jpg
雪で埋まった祠



時間がたてば、感動に酔いしれるよりも、寒さに凍えそうだ。気を引き締めて下山をするように言われる。登りより下りが核心。
最初のルンゼは後ろ向きにおりていく。トラバースではトレースを踏み外し、谷側に滑ってしまった。トレースにピッケルをさしていたので50センチくらい滑っただけであったが,ヒヤッとした。下山時、懸垂しているパーティがいて時間がかかっているため、違うルートで下山をこころみるが、雪が少なく、難しい。懸垂しているパーティから「このロープを使用し、下降しては?」と言われ、お言葉に甘え下降させてもらった。

P1030563.jpg
 2700mより頂上を見上げ

2a144d8a90522c88cc3e46ae211048161a00c814std.jpg
早月小屋までの下山もピークはある

57ca9516485d0f8e235599ca81b96e83738059cfstd.jpg
 早月小屋までの下山中


天候も荒れることがなく、下山時の方が風もやんでいた。明るいうち幕営地に帰ることが出来た。早月小屋でジュースやビールを購入(代金は馬場島で後払い)軽く祝賀会を行った。安心すると食欲がわき、沢山持ち込んだ行動食を食べ、夕食前にお腹がいっぱいになった。夜は星がきれいだった。
1/2
 下山後の予定もいれていたので、気合を入れて下山。早月尾根は下山時も苦しかった。汗が吹き出る。ヤッケを脱げば、木に積もった雪が降り落ちてくるので脱ぐことができない。登山口の雪は解けて階段が見えていた。
c5089a901a60a7653d74d0d3facbb47134c67e09std.jpg
登山口は雪も解けて階段が見えていた
馬場島まで下山し、ヤマタンを返却。ここから伊折まで歩く。地蔵の前で休憩。下りだけでなく上りになっている箇所もあった。伊折集落のお墓が見えたら、近いと言われていたので、お墓が見えた時はホッとした。予定よりも早く伊折ゲートに到着。タクシーの迎えは14:30予定であったが、到着してすぐにタクシー到着。体が冷えることなく暖かいタクシーへ乗り込み上市に向けて帰ることができた。
P1030576.jpg
伊折のゲート付近(入山日より雪が少ない)
今年は雪が少なく、トレースもあったことなどいろいろな事がかさなり登頂することができた。技術的に未熟な事も多いし、体力も年々衰えてきている。自分のことを周知して今後も山を楽しみたいと思う。
                                記 前山




スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。