Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央アルプス 宝剣岳(冬季)

中央アルプス 宝剣岳
日時 2015年12月19日~20日(大阪前夜発)
天候 両日晴れ
参加者 CL石田 稲葉 川村 前山
行程 12/19(土) 菅ノ台=しらび平-千畳敷-サギダル尾根-宝剣岳-宝剣山荘周辺
12/20(日) 宝剣山荘周辺-浄土乗越-千畳敷-しらび平=菅の台=大阪
報告
  冬山合宿に備えての訓練で宝剣岳を計画。もともと7名の予定であったが、1名は台高で捻挫の為不参加。寸前に体調不調者も出てこの4人となる。
P1030530.jpg
中央部分が宝剣岳。無雪期も登ったことがない、情報を見たら険しそうな気が・・・・・
P1030520.jpg
この鳥居をくぐりサギダル尾根を行く。先行者がありトレースが付いている。斜面を利用し雪訓グループもいる。
P1030521.jpg
尾根を登り岩稜が出たところから、ロープを出し登ることになる。取り付き部分から下を眺め写真をとる。
P1030524.jpg
3ピッチ登ったら尾根に着く。先に登った蛍雪のテントが見える。尾根で石田、川村チームを待つがなかなか来ない。風を避ける場所がない。動いているといいが、立ち止まると寒い。後ろを振り返りながら宝剣岳に向かう。宝剣岳も雪が付いているが鎖は見えていた。鎖は時に岩と共に凍り付いている所もあった。
P1030527.jpg
1640に宝剣小屋に到着。テント設営の為、整地をする。近くでテント設営者も協力してくれた。日没後も、石田さんと連絡取れず、小屋入り口の雪を掘り、ビバークとなる。持参品すべてを使用し、保温に努め快適に寝ることができた。何度も無線を入れるが、宝剣岳が遮断し連絡取れない状態であった。翌朝、浄土乗越から石田さん現れ、共に下山することになった。サギダル尾根から宝剣岳まで行けたことは、良い訓練になった。反省することも多いが、山のいい経験が出来た。まあ、無事が何よりということである。ご心配をおかけし申し訳ありませんでした。(川村体調不良で途中下山)           記 前山


スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。