Entries

吾妻連峰 前川大滝沢沢登り

 前川大滝沢沢登り

日時:8月13日~8月16日
山域: 山形県米沢市 吾妻連峰
メンバー:CL 石田、中原、稲葉

13日 5:30 大阪発 → 17:00滑川温泉 滑川橋入渓点確認 → 17:15峠駅
14日 6:50 滑川橋 入渓 → 8:30滑川大滝 → 12:00遡行終了 → 13:30明月荘
15日 5:30 明月荘 → 10:30林道 → 11:30 滑川温泉 → 五色温泉 →飛騨高山
16日 大阪
 「ナメの綺麗な沢がある」とのことで、予てより行ってみたいと思っていたところ。
アクセスに一日かかることから、盆休みを利用しての山行となった。
 13日朝大阪を車で出て、ただひたすら山形に向けて走る。幸い渋滞には巻き込まれず目的地峠駅に着く。この時、天気は曇り。曇り時々晴れという予報で安心していたのだが・・。
 とりあえず、峠駅の雨風を凌げる旧駅舎に宿泊。もともとスイッチバックで有名な駅だそうで、食事をとり、明日に備えて就寝。時折、停車、通過する列車に睡眠を妨げられながらも熟睡。
11873511_882541161827654_4830915655950572673_n.jpg

 14日生憎の曇り空のなか滑川橋まで車で移動し、入渓。初っ端から広い川幅、赤い岩、なにより、きれいなナメ滝、釜、ナメ床が連続で続く見事な光景。
11863216_882538261827944_2656566568524467768_n.jpg

ヒタヒタと遡行を続けると日本滝百選である120mの滑川大滝にたどり着く。見事な滝、ここで滝を見ながら休憩。
 遡行図ではこの滝は右岸を高巻きとなっていたが、かなりいやらしい感じ。100mほど引き返し踏み後をたどり、一旦登山道に出て大滝の上流のネコノ沢から本流に再入渓。
11903854_882535951828175_5366776700355398024_n (1)

ナメ滝と釜がまた続き、石積みの堰堤、つり橋を超えて次第に水量も減り、ゴーロ帯に出て登山道の渡渉地点で遡行を終了。ここから一般の登山道へと移る。時折降る小雨も強くなる。若干の山抜けを越しながら、登りつめると木道が続き「金名水」という水場でのどを潤し明月荘に着。
11013455_882535928494844_8069111453658639768_n.jpg
11239618_882541141827656_1346403909111681108_n.jpg


沢は全般的に幅も広く、見通しもよく開放的。高巻きもほとんど無く、ロープもネコノ沢から本流に落ち込む滝の懸垂1箇所ですむ。これで晴れていたら申し分の無かったのだが。
15日天候は曇り時々雨。明月荘から木道、一般登山道で東台巓、烏帽子山、兵子から姥湯温泉林道を経て滑川温泉の入渓地点到着。
五色温泉で汗を流し、知人の飛騨高山宅まで車で移動。ここで豪勢な食事と安眠で疲れを癒し、16日には大阪へ。
記録 稲葉
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。