Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若狭 赤坂山 耳川水系 うつろ谷

若狭 耳川水系 うつろ谷

メンバー CL 稲葉 SL 前山 松長 中原 川村

8月8日大阪夜発
8月9日 起床 6:00→入渓7:00→遡行終了11:00→赤坂山山頂 12:40→駐車場13:50

8日前夜 入渓ポイントのパーキングは、予想外の悪路だったので恐々進み無事パーキングに到着。。(汗)

うつろ谷は、巻かずに登れる滝が多い楽しい沢だということ。。
入渓は、3つの堰堤を超えてからで簡単だ。
DSCF1095_convert_20150810175125.jpg

すぐに10mの滝が出てきた。ガイドブックに乗越が難しいと載っていので、一応ロープを出しカマを超えて直登、意外と簡単だったので全メンバーすいすい直登からスタート!続く滝もどんどん直登できた。
DSCF1100_convert_20150810174539.jpg

さらに直登!!
DSCF1104_convert_20150810175029.jpg

どんどん直登!!
DSCF1105_convert_20150810174751.jpg

最後の8mの滝を途中までロープなしで登ったが右岸側の滝にハーケンが打たれていたので、ロープを出しCLに登ってもらいフィックスして登る。
DSCF1109_convert_20150810175552.jpg

それを超えるとどんどん水量もすくなくなり遡行終了。

明王禿を目指し登山道を捜すが、少し迷ってしまう。。
気を取り直して登山道がある方角へ進むと登山道が出てきたが、私達は、若干三国山側へ寄っていたみたいだったので明王禿に着いたのは12時過ぎだった。
DSCF1113_convert_20150810174951.jpg

その後 赤坂山の山頂を踏み終え下山する。 
DSCF1116_convert_20150810175251.jpg


 川村
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。