Entries

岐阜県 奥丸山(標高2,439m)

岐阜県 奥丸山
2015年7月12日(日)~13日(月)
天候    晴れ
メンバー  前山(単独)
行程 7/11大阪=新穂高温泉 7/12新穂高温泉~槍平~奥丸山~槍平(テント泊)7/13槍平~新穂高温泉=大阪
報告
槍ヶ岳と山荘

奥丸山 (おくまるやま) は、中部山岳国立公園内の飛騨山脈 (北アルプス) にある標高2,439mの山。
山体すべてが岐阜県に属する。槍ヶ岳から樅沢岳に至る西鎌尾根の途中の千丈沢乗越から派生する中崎尾根上にある。
山頂からは、東側の槍ヶ岳、穂高岳、西側の笠ヶ岳、遠くは乗鞍岳といった360度の大展望を望むことが出来る。
また、東側には北穂高岳の滝谷を真正面から望める。という文言を見て、行ってきました。日帰り可能なのですが、槍平で一泊ののんびり山行。前夜大阪発で着いたのが11時過ぎ、登山者用無料駐車場も空いていた。車中泊、早朝起きるはずが・・・またまた寝過ごし、気が付けば6時過ぎていた。同じように車中泊していた登山者は山の彼方。慌てて出発する。ショートカットの夏山登山道を通ったので1時間もたたずに穂高平小屋到着。
オオヤマレンゲ
林道の道端にオオヤマレンゲが咲いていた。初めて匂ったが、ほのかにかおる程度の優しい香り。
白出沢は治水工事が行われていた。工事関係者の人が、登山者用に設置したテントや水場が優しい。虫駆除スプレーもあった。
無雪期なので、思ったより早い11時には槍平小屋に到着。テント設営し休憩しようと思ったが、日差しが強く、テントはサウナ状態。ということで、奥丸山へ登る。
沢を渡り
槍平のテント場のそばを流れる沢を渡る。草花が茂っているが、踏み跡はある。
すぐに崩落現場らしき斜面にでる。
槍平から丸山の登り口
槍平小屋から見たら、雪崩の跡のような斜面が、実は登山道となる。
尾根の分岐

狭い稜線を歩くこともあるが、所々残置ロープもある。
ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲが咲き誇る。
桜の幼木
桜の幼木がこんなにも。
山頂
山頂は絶景。
双六方面
双六方面
まさに、360度の展望。青空と残雪、そして新緑。現在は右俣にぬける登山道ができているので、日帰りも可能になっている。秋にまた来て、山頂に立ちたいと思った。                           記   前山
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。