Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜県 籾糠山(もみぬかやま)1744.3m

岐阜県 籾糠山(もみぬかやま)1744.3m
2015年6月27日(土)
天気  曇り
メンバー  松長(CL) 木田 前山
行程 天生峠~天生湿原~籾糠山~木平湿原~天生峠
山頂からの景色

報告 梅雨の合間ということで、雨でも歩行可能なやまということで湿原に行ってきた。通年であれば6月の上旬に林道が開通しているはずであるが、豪雪により土砂災害の復旧工事に時間がかかり、前日(6/26)山開きしたばかりであった。天生峠には白川郷からは通行止めで、飛騨古川方面から国道360号線に入るしかない。ヘアピンカーブや対向できない車道でヒヤヒヤしながら運転。夜間に駐車場に着き仮眠し、明るくなってから出発。
熊の缶
駐車場からすぐの登山口で入山料一人500円を払い入山。熊よけに鈴などを持参しているか、尋ねられる。熊が出そうな場所には一斗缶が吊るしてある。それを鳴らして歩いていく。
水芭蕉
湿原は木道があり、整備されていて、歩きやすい。水芭蕉はもう終わっているようで、花弁は散り、葉が伸びているものが多かった。天生湿原にわずかに残った水芭蕉を写真におさめる。
山頂にて
湿原との分岐から30分ほど尾根を登ると、籾糠山の山頂に着いた。ガスがかかり白山や北アルプスの景色を見ることはできなかった。
虫
山頂で休息しようとすると、小さな虫がやってきた。急いで食べて下山する。
写真の水芭蕉
水芭蕉が咲いてたら、こんな風。
モリアオガエル
湿原のそばにモリアオガエルの卵。森林管理の人から聞いたら、下でイモリが食べようと待機しているらしい。
雨上がりの山も、葉がきれいでいい。のんびりと散策するのもたまにはいいものだと思った。水芭蕉の実を熊が食べに来ると聞いて、怖かった。熊の対処方法を森林管理の方から教えてもらったので、今後の山行に活かしたいと思う。        記 前山
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。