Entries

東赤石山〜西赤石山縦走 2015/5/17

日程:2015/5/17
天候:晴れ
メンバー:城(OB)、木田、松長
行程:瀬場登山口6:55〜赤石山荘9:30〜東赤石山頂上10:25〜八巻山11:05(昼食)〜物住頭12:55〜西赤石山
   13:25〜銅山越14:15〜日浦登山口15:40 車で瀬場登山口までもどる。
当初は金曜日発で土曜日の予定だったが雨の予報なので土曜日発の日曜日に変更した。土曜日の15時に道の駅マイントピア別子で城山と待ち合わせ城さんの車を日浦登山口に置き筏津登山口近くの民宿に向かいそこで一泊する。朝夕食事にお弁当も付いて6000円とリーズナブルなお値段だった。トイレもきれいで山の幸をたらふくご馳走になった。
翌日は朝から晴れで6:55から登り始める。久しぶりの登山で体が重いがなんとか赤石山荘の分岐までくる。赤石山荘
青い高山植物
そこから頂上まであと30分。赤石山荘は予約のみの営業でふだんは無人。東赤石山の頂上は岩場で狭いが360度の展望で石鎚山が見える。前方には八巻山の岩稜が見える。まるで北アルプスみたいだ。東赤石山頂上
カンラン岩
岩稜を慎重に歩いていく。途中急激に降りる箇所があり、先に歩いていた男女ペアが道を間違えたと引き返してきたが、急な崖を下るのが正解。そこまではいくつか高山植物は咲いていたがアケボノツツジはもう終わっていて残念だった。八巻山頂上
岩稜地帯
アケボノツツジ
道しるべ
物住頭頂上
ツガザクラ

物住頭でおにぎりを食べ西赤石山頂上まで一気に飛ばす。物住頭からは別子銅山の東洋のマチュピチュ“が下方に見えた。城さんがここから急にスピードを上げて走るように下っていくのでついていくのに必死だった。岩場もスイスイと下っていくし、とても75歳とは思えない。コケモモ

西赤石山から銅山越まではツガザクラが満開できれいだった。ここの頂上の標識はさすが別子銅山だけあって全て銅でできていた。銅山越
西赤石山頂上
湧き水

銅山越で美味しい湧き水を飲む。ここから下の登山口まではずっと別子銅山の跡の石垣や洞、レンガなどがたくさんあり、飽きない。下山道の横をずっと沢が続いているのだが大小さまざまな滝があり沢登りしたくなる。
飛ばしたおかげで目標の16時より早く下山できた。晴れて気温が高くて汗をだいぶかき、暑くて少し頭痛がした。夏は縦走すると熱中症になりそうだ。接待館跡のレンガ塀

四国の山は自然がたくさん残っており人も少なくいい環境だなと思った。正直、剣山と石鎚山くらいしか知らなかったが四国には私の知らないいい山がたくさんある。夏には沢登りで行けたらなと思う。(松長)
                                        
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。