FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剱岳(早月尾根)

剱岳(早月尾根)山行報告書

期 間:2015年5月3日~5月5日
参加者:CL石田、中原、稲葉
行 程:5月2日 22:30  MCM 発
    5月3日  快晴
3:00頃 馬場島 着 仮眠
7:20  馬場島 発 
15:00  早月小屋 着 テント設営、食事、
19:30  就寝
    5月4日  曇りのち雨
4:00  起床
5:50 テント場発
7:00 2500m付近 天候の悪化により撤退
7:30 雪上訓練
8:30 テント場着  
    5月5日  快晴
3:00 起床
5:00 出発
8:40 剱岳頂上
12:00 テント場着 
13:15 テン場発
16:40 馬場島着
    以後、美川で1泊し6日帰阪
内 容:厳冬期の剱岳登攀の前哨戦として計画されたのですが、例年になく雪が少なかったようです。出発前より、4日のアタック日がここ数日の晴天から反転し崩れる予報を得ていた。予備日を利用しての計画となることを念頭に出発。
3日馬場島から快晴のなか急坂を延々と登る。睡眠不足に加え、尾根歩きで避けられない日差しの暑さが体力を消耗した。1600mを超えたあたりから雪道となるが、くさっており崩れる雪をキックステップで登る。予想以上の暑さに1.5リットルの飲料は底を付きそうになる。日陰で休みやすみゆっくり小屋まで登る。
小屋付近では既に4,5張りのテントがあり、既に頂上を登ってきた人ばかりであった。
テントを張り、食事を済ませ、明日の天気に淡い望みをかけて就寝。
4日天候は曇りで、くさりかけた雪を踏みながら出発。1時間もすればガスに覆われ、雨も降り出してきた。明日は晴れる予報なので、あっさり撤退した。帰りは適当な斜面で雪上訓練。色々な体勢での滑落停止など行った。その後テントに帰り待機。他のパーティーは既に下山しており、雨の中私たちのテントだけであった。直に雨、風は強まり、テントの中から一歩も出ることなく過ごす。
5日天候は夕べの風と雪、雨を感じさせない晴れ。気温は大分冷え込み、表に出しておいたアイゼン、ヘルメット等がすべて凍りつき、準備に手間取る。
雪は硬く締り、昨日とは打って変わって歩きやすいコンディション。途中剱の頂上が手に取るように見える。獅子頭までは2、30mほどの雪壁と溶けた雪が氷結した岩稜が所々あり、緊張する。頂上へは約3時間半程度、快晴で北アルプスの稜線を見渡し、景色を堪能する。下山は、登りより緊張を要した。3時間程度でテント場に戻り撤収。3時間半かけて馬場島着。
その後、込んでいる富山、金沢を避け美川で1泊し、6日帰阪。
今回の剱岳は、リーダー曰く、雪が少なく、練習にならない・・・とか。トレースもついており、比較的楽に登れたように感じる。今シーズンの雪山は最後となる。来年の1月の剱岳に向けてまた訓練をしたい。              
劔写真

                                   記録 稲葉
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。