Entries

台高山脈 池小屋山~迷岳縦走

台高山脈 池小屋山から迷岳
日時 2015年4月25~26日(前夜発)
山行形態  無雪期 縦走
天候 晴れ(両日)
参加者 OB宮川 木田 牧野  前山 モン(四国犬5歳)
行程 4/25 大阪=スメール(幕営)6:30=宮の谷P~池小屋山13:00~テント場16:30
    4/26 テント場6:15~白倉山9:30~迷岳13:00~スメール15:30 =大阪
   ( 車2台使用し、下山地点に1台置き、下山後、入山地点の車回収)
報告
台高山脈で今まで行ったことがない、池小屋山を計画する。提案と計画者が体調が悪く、行けなくなった為、延期しようかと思ったが、計画者了解のもと山行決行。出発前夜に宮川さん、牧野さん、モン(犬)ちゃん加わり4人と1匹での山行となった。前夜スメールの駐車場に集合、打ち合わせ後就寝。早く起きる予定であったが、気が付けば外は明るかった。宮ノ谷出合の池小屋山登山口駐車場(7台可能)に2台の車が止まっていた。沢筋を登る。沢沿いに鉄性の通路がつけられ快適。高滝を巻くためには虎ロープなどがいくつもあった。(トラバースなどは写真参照)
P1020498.jpg
高滝
P1020501.jpg
ガレ場になっている。
P1020502.jpg
トラバースルート(見た目より足元安定)
P1020499.jpg
高滝を巻き終わる。
P1020504.jpg

高滝過ぎた後は、標高差少なく奥の出合に到着、モンもひと休み。(山好きな飼い主と山に行き沢に流され経験から、沢は苦手でうまく飛び移れず水没しお疲れモード)
P1020511.jpg
新緑もまだなく、ミツバツツジとブナが多い尾根を1時間半かけて登るとそこが池小屋山の山頂。
P1020513.jpg
山頂でのモン
池小屋山から東尾根を行く。山の概念図がわからないと道に迷いやすい。地図見ながら歩くのではなく、詳細部分を確認するために活用するものだと宮川さんからアドバイス。宮川さんは、山の景観をみて現在位置を確認している。こんなに景色がいい日は、道に迷うことは無いなと笑顔。ついついテープの方を目印にしていた私は反省。P1020523.jpg
東尾根から大和谷が見える。
P1020524.jpg
多少歩きにくい尾根道ではあるが危険個所はない。
P1020525.jpg
こんな所もあるが、滑って落ちても緩やかな緩斜面。
幾つものピークを越えたので、野江股の頭も過ぎたと勘違いし、適度なコルを見つけ幕営地とした。(後でそこが水越とわかる)P1020526.jpg
幕営地付近(水越)
16:30ターフを張り、小宴会と夕食を済ませ入眠。モンもターフの中で寝る。外気温も高く、テントなくとも温かい。
翌日、6:15頃出発。岩稜に咲くツツジに感動。ゴミ一つない尾根、静かな尾根歩きが気持ちいい。
P1020529_20150427161043f7d.jpg
水越から岩稜登り(ガレ場)
P1020538.jpg
野江股の頭(幾つものピークに隠れ通り過ぎたと思っっていたので、表示を見て、落胆)
P1020545.jpg
ヒメシャラの幼木のブッシュのなかに白倉山の山頂はある。
P1020542.jpg
大熊谷の頭を過ぎたあたりの岩場(モンが怖がってなかなか降りれなかった)
P1020552.jpg
長い尾根歩きもやっと終わり、迷岳に到着。今の季節は景観がいい。
P1020554.jpg
迷岳から急いで下山、昨夜の宿泊地の駐車場。
今回計画を変更し、宮ノ谷からの登りで池小屋山の魅力を満喫できた。聞くより、行ってみてどのようなところか感じてほしい。あと1週間もすれば、これらの稜線はピンクのミツバつつじが咲き誇る。近いうちにもう一度行こうと思う。
                                            記録 前山
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。