Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両白山地 笈ヶ岳(おいずるがたけ)敗退

両白山地 笈ヶ岳(おいずるがたけ) 1841m 残雪期
おいずる

期間  2015年3月21(土)~22日(日) 前夜発
メンバー CL石田 中原(体験)稲葉(うすゆき) 前山
天候  3/21 3/22 晴れ
日程
3/20  大阪 22:30出発=一里野温泉スキー場(仮眠)
3/21  一里野温泉スキー場7:00(~林道登山口~貯水池登り口~ブナオ山~1271m 地点 テント泊 15:00
3/22 1271m 地点6:30~1312m 地点~ジライ谷分岐~冬瓜平~冬瓜山10:30~1271m 地点(テント撤収)~ブナオ山~      貯水池登り口~林道~一里野温泉スキー18:30
報告
   伊吹山から続く両白山地の北部にあり、藪山で登山道もなく、残雪期しか登れないと言われる笈ヶ岳に行こうとした。P1020407出発
スキー場に車を停めて出発。スキー場が開いている時期はトイレも使用可能。我々は車中泊だが、テントを張っている人がいる。笈ヶ岳への登山者か?
2_20150323230419488.jpg
駐車場から国道を下った所に中宮発電所に降りる道がある。送電線と鉄塔に沿って歩いていく。CLはツボ足でいけるというが、雪が柔らかくはまって足が疲れるので、CL以外はスノシュー装着。3_201503232304206cd.jpg
その間CLは尾添川にかかる橋まで来ていた。
4_20150323230422c4d.jpg
橋を渡ると導水管が見えるが、雪が多く、階段は見えない。傾斜が少しでもゆるいと思われるところを登る。雪にはまり込むことも多く、時間がかかってしまう。悪戦苦闘している間に、背後から4人パーティーが来た。5_201503232330460ef.jpg
4人パーティーは京都の山岳会で顔なじみで驚いた。抜きつ抜かれつつで進む。導水管がある急な傾斜が終わって貯水池の淵を歩く。
6_20150323233049847.jpg
そのあとも樹林帯の急登は続く。日差しもあり暑い。テルモスの温かいお茶より、冷たい飲み物が美味しい。ブナオまでの登りが苦しい。
7_2015032323305103e.jpg
ブナオ山の山頂は広く、白山の眺めがいい!!
8_201503232330521b0.jpg
ブナオから先の尾根歩きが長い。穏やかな天気と雪景色の素晴らしさに背を押され先を急ぐ。
9.jpg
所々雪が溶け、藪が出ているところも通過する。
冬瓜平まで行けず、かなり手前のピークにて幕営する。
10.jpg
幕営地点から見た笈ヶ岳(左)と冬瓜岳(右)
翌朝6:30ハーネス付け、アイゼンに履き替え出発(スノシューはテントに残していった)
トラバース
冬瓜岳はトラバースする。気候も温かいので雪崩が怖い。谷筋に下ってから再度、笈ヶ岳にむけ登りのだが、冬瓜岳の尾根に取り付く方が近いのではと考え、斜面を登る。傾斜もきついのでフィックスし登る。
3ピッチを登っている間に10時を過ぎ、これ以上の前進は日没までに下山できないということで、尾根に上がりきってから引き返すこととなった。
登ってきたところは雪崩の跡もあり危険と考え、冬瓜岳の稜線を通って下山することとなった。
ナイフリッジは雪が取り付き安定していたが、高度感があり、私は怖かった。
かもうり
冬瓜岳の岩稜を下る。残置の虎ロープがあった。
ひたすら長い尾根を歩いて、登山口の中宮発電所に急ぐ。
日没寸前に駐車場に到着。
雪が深く、大変であったが、天候に恵まれいい景色が見られ満足している。
今回、雪山初心者とは思われないほど中原さんは頑張っていた。
これからの活躍に期待したい。
今回、 笈ヶ岳まで行けなかった。また、あの景色も見たいし、再チャレンジしたいと思う。
                                              記 前山

スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。