Entries

厳冬期 谷川岳

 谷川岳
山行    
     1/24 天神平からのピストン 積雪期ピークハント
     1/25 岩壁観賞コース 登山指導センターからマチガ沢出合(スノーシューハイク)
          

期間  
     2015年1月24~25日(前夜発)

天候  
     午前曇り 午後より晴れ

日程 
     1/23(金) JR西宮発 21:30 
     1/24(土) 土合 山の家着(仮眠)5:00 
             山の家 7:30発=谷川岳ベースプラザ8:00=天神平10:00~熊穴沢避難小屋11:00
             ~肩の小屋12:45~トマの耳(標高1,963m)13:06~天神平15:00=谷川岳ベースプラザ
            =土合 山の家16:00(宿泊)
     1/25(日) 土合 山の家8:30~登山指導センター9:30~マチガ沢出合10:30~登山指導センター11:00
             ~土合 山の家11:40=大阪 八尾着
メンバー   
          1/24 前山  田島(モンベル)
          1/25 前山(単独)
谷川岳
報告 
    ひょんなことから、兵庫岳連の方の紹介で、モンベル社員の田島さんと谷川岳に登ってきた。
  西宮から谷川岳のある水上まで、高速を急ぎ気味で運転。一本松さんの自称ポルシェも精一杯走ってくれた。
  土合にある「山の家」の広間で、わずかに仮眠。
  研修のために、先に来ていた、ボスが目覚ましのようにおこしに来た。(7時まで寝る予定だったのに・・・)
   山の家から、谷川ベースプラザまでは徒歩で向かう。路肩の雪の高さも2m以上はある。
  急ぎ足、谷川岳ベースプラザに着くが、強風による点検、及び、スキーゲレンデの整備もあり、ロープウエイは
  9時から運行。1時間余りをここで過ごす。登山届は、ここで提出。
  チケット販売も9時以降となった。長蛇の列だったので、のんびり構えていたせいで天神平スタートは10時を過ぎた。天神平
  先を急ぐ登山者たちが、天神尾根に向かっていく。トレースもあり、ワカンも不要。
天神尾根
  天神尾根に着く。尾根道は、雪が締まっていて歩きやすい。谷川岳方面にはガスがかかっている。
熊穴避難小屋jpg
 熊穴沢避難小屋も雪の下。この写真は、帰りで、視界がいいが、登りは、突風とガスで写真撮る余裕なし。
 天狗の溜り場あたりの稜線で、アイゼンを装着する。稜線は風が強く、強風体制をとることもあった。
肩の小屋
 視界が悪く、肩の小屋はまじかになって見えた。山頂も近いので、小屋の戸口で風をしのぎ、エネルギー補給。
P1020135.jpg
 山頂のトマの耳。登頂時、視界不良。
ここで、引き返しの目安にしていた、13時となる。
 田島さんも了解のうえ、写真撮影後、下山。
P1020144.jpg

下山開始後ガスが消え、青空が広がる。水上の山々が美しい。
P1020142.jpg
 何度も、立ち止まり写真をとる。

 15時半までに谷川岳ベースプラザにたどり着くことができた。   

翌日は田島さんも誘ったのだが、のんびりしたいということで、単独でスノシューハイク。
登山指導センターから岩壁を眺める、旧国道を歩いた。
道路というより山の斜面になっていて、雪崩がおこりそうな箇所もあった。
トレースの後も前日降った、積雪で消えていた。
オコジョとカモシカに出会った。
一ノ倉まで行きたかったが、自分の一歩が雪崩を起こしそうであったこと。
山は、安全に楽しくということで、マチガ沢出合までで引き返した。
カモシカ
二頭のカモシカ。
マチガ沢
マチガ沢出合
雪庇
旧国道から見上げた山。雪庇が・・・・

よく遊んだ、二日間だった。
条件が良かったので、登頂できたと思う。山に感謝。
秋に、馬蹄形縦走を再度行こうと思う。また違った景色を見たいものだ。
                                                       記  前山
  
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。