Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂高連峰 西穂高岳(北西尾根)

山域  穂高連峰 西穂高岳(北西尾根)

期間  平成26年12月29日(月)~ 平成26年12月31日(水)

日程 12/29   夜 大阪発

    12/30   新穂高~穂高平~林道尾根取り付き~北西尾根1930m付近
                                    (大沼下山)
    12/31  1930m付近~林道~穂高平~新穂高

天候 12/29雪 12/30雪 12/31雪のち曇り
メンバー
    CL 石田  稲葉(うすゆき)前山 大沼(飛騨山岳会)

報告
12/29 東海北陸自動車道経由で新穂高へ向かう。
高山市街地でも積雪の多さが伺え、降り積もるボタ雪に不安を感じながら仮眠をとる。
12/30 5時に起床し身支度をする。
新しくなった新穂高センターで大沼氏と合流し6時半に出発。
 大沼氏先行で歩き始める。必死についていこうとするが、距離は離れるばかりであった。
穂高平までの林道を2か所ショートカットし軽快に進む大沼氏の後をマイペースでついていく。
穂高平までの道中で積雪量が多く撤退してきたというグループに出会う。
私たちもどこまで行けるか、わからないが、去年より人数も多い。
今年こそ行きたい。
P1020109.jpg

穂高平で軽く休憩し、尾根の取り付きに急ぐ。
8:30林道の取り付きに到着。
大沼氏はスノシューに私達3人はワカン装着。大沼氏先頭で登って行く。
トレースをつけてくれているが、浮力の違いは大きい。
積雪量は腰の高さを超えワカンで行く我々はラッセルを行うことになった。
斜面の熊笹により、雪でもがくことも数回。なかなか進まない為、空荷でラッセルを行う。
空荷では順調に進んでいくが、荷を取りに戻ることが苦痛に感じた。
よって、荷は担いだまま進む事にした。
大沼氏はこまめに衣類の調整を行っていたが、私はその余裕もなく、寒いと感じていても、
そのままで風雪のあたる尾根を登って行った。
息苦しく感じるほどの寒気を感じ、吹雪いている最中で、衣類を着ることになった。
昨年度、野営した場所を過ぎ、かなり高度が上がっていることを感じた。
標高1900mを過ぎたあたりで、大沼氏より、この先は風雪多いので野営するなら、
このあたりがいいだろうという助言を受ける。
時間も14:00頃になったため、大沼氏はここまでで下山することとなる。
おいしいコーヒーやジュースも頂いた。
そこから、わずかに登った標高1930mあたりで野営することとなる。
稲葉、石田氏2名が先に着き、すでに野営するためのテン場づくりを始めていた。
遅れて、参加する。設営中も雪が降り積もっていた。
風をしのいで、テントの中にもぐりこんだだけでも、暖かいと感じた。
テントはほっとする。テントで水作りをしながら、今後どうするのか、検討。
テントに当たる風も強い。
ラジオで2つの低気圧がきていること、今後も天候が荒れるという情報を聞き、
山になれた方でも下山するようにというNHKラジオニュースの呼びかけを聞き、
撤退することとなった。
夜は石田さん持参の鰻で鰻丼を食べた。
12/31 撤収となったのでゆっくりと8時に野営地を後にする。
下山は楽だと思ったが大きな間違い。登ってきたトレースが積雪で消えている。
ルートファイティングがうまく行われず、登り返すこともあった。
胸まで雪に埋まり身動きがとれなくなり、転倒しひっくり返ることもあった。
約2時間林道までかかった。
P1020105.jpg

右股林道のトレースも雪が積もり、消えかかっていた。
悪天候が予想できても、槍ヶ岳に向かう登山者や西穂高の西尾根に向かう登山者がいた。
停滞覚悟で行く人、行けるところまでという人いろいろであった。
下山後、何人か遭難されたもようだ。山は楽しいのが一番。
人に迷惑や心配かけるような山行はしたくないものだと思った。
しかし、今回も北西尾根に登れなかったのは残念である。
次回はスノシューで挑戦してみようかと思う。
                   記録   前山
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。