Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信濃川水系 中津川支流雑魚川外ノ沢  無念の敗退

信濃川水系 中津川支流雑魚川外ノ沢
無念の敗退報告
2016年8月13~14日
参加者 石田英行(青穂クラブ) 稲葉博則(大阪うすゆき山岳会)

 8月13日(水) 
八尾5:00 = 豊田飯山IC 10:30 = 切明 13:30

上越の沢、昨年の釜川右俣に続き入ってみる事に。
ルート図の解説では切明から東電巡視路を通って外ノ沢出合いまで行くようになっている。しかし事前にネットで調べたところ崩落が有って引き返した記録が有るのと昭文社の地図では廃道となっている。一抹の不安は有ったが崩落なら髙巻いてでも何とかなるとの思いから朝5:00八尾を出発。道路は順調で10:30には上信越道豊田飯山IC着。
途中、切明の雄仙閣に巡視路に付いて問い合わせたところ「通れると思います」との事。
沢の状態を確認する為、奥志賀高原を抜け対岸から観察。切明に13:30着。
 その後、東電巡視路の偵察を行う。ここで発電所職員の人達に合い状況を確認すると
「草刈もしてないし通るのは無理」と言われる。
 天気も含めて一抹の不安が…  とりあえずこの日は切明にて車の中で寝る事に。

1_201408311846525a6.jpg
切明温泉 雄仙閣 

2_20140831184653db3.jpg
発電所へのつり橋


8月14日 (水) 
切明温泉発 5:00 ― 岩菅山登山道分岐 5:30 ― トンネル出口閉鎖により撤退8:40 ―岩菅山登山道分岐 11:46 ― 切明温泉着 12:20

朝5:00出発。天気は薄曇り。標高差280mの送水管沿いの道を登る。朝一からきつい。
岩菅山へのルートとの分岐が分かりづらいが何とかルートを発見し足をふみ入れる。
発電所職員の方の言う通りすごい薮。約10分ほどで最初の崩落地点。ここは何とか通過できた。そこからさらに10分ほど行ったところで2つ目の崩落地点。ここは結構大規模で足を踏み入れると足元が崩れてしまう。何とか一歩一歩キックステップよろしく進んでやっと通過する事が出来た。(二度とこんなところ通りたくない)この崩落地点を通過すると何とトンネルが現れた。人1人がやっと通れるようなトンネルたがさすが東電。蝙蝠が乱舞する中を通過。

3_20140831184654103.jpg
岩菅山との分岐              

4_20140831184656ec1.jpg
こんな感じの薮コギが続く

5_2014083118465719d.jpg
1つ目のトンネル(出口)            

6_20140831184718005.jpg
崩落個所

その後も沢筋という沢筋は崩落しており、それ以外の所は薮コギ状態で結構キツイ。
約3時間半歩いて反対側から草刈がされて来ていると思われるところまで到達。
これで一安心。そこからさらに15分ほど歩くとまたトンネル。今度は3つ続けて現れる。1つ目、2つ目は蝙蝠の乱舞以外は何事もなく通過したが3つ目のトンネル、先が見えない。よほど長いのかと思いヘッドランプを出して進むと何と出口が板で閉鎖されている。仕方なく引き返し入口付近で巻けないかとルートを探してみるが絶壁。
少し戻れば下へのルートが有ったのでそちらへ回ってみるも途中で行き止まり。
 「万事休す」 しばらく2人して座り込んで考え込む。


7.jpg
このトンネルの出口が閉鎖されていた     

8.jpg
また薮の中を引き返す


仕方無く引き返す事に。「二度と通過したくない」と思っていた崩落地をまた通過する事になってしまった。
 11:46ようやく岩菅山への登山道との分岐に到着。あとは標高差280mを下るだけ。
しかし無念の敗退となっては足取りも進まない。
 せっかくここまで来たんだから明日は苗場山にでも行くかと相談しながら下ったものの切明まで来たら「雨」。そんな気も失せて一風呂浴びて帰阪する事に。

        きっとリベンジしてやる。

この沢への入渓は奥志賀高原より林道を走り、鬼が沢を過ぎたあたりから尾根を下って入渓するのが正解のようだ。ただこの地点までは奥志賀高原からでも結構距離が有るので車2台で来て1台志賀高原(一ノ瀬)へデポし岩菅山から志賀高原へ下山するのが良いだろう。

                              記録  石田英行
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。