Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス 遠見尾根から五竜岳

                 春山合宿
山域      北アルプス 遠見尾根から五竜岳(積雪期)

山行期間   2014年 5月2日(夜発)~5月4日

天候     5/3 晴れのち曇り午後から小雨 5/4 晴れ

メンバー   CL石田 木田 松長 川村 前山

行程    5/2 大阪発ー五竜とおみ駐車場で仮眠
       5/3五竜テレキャビン=アルプス平~小遠見尾根~西遠見尾根 幕営
       5/4西遠見尾根~五竜岳~大遠見~アルプス平=五竜テレキャビン(駐車場)

報告
     久々の春山合宿に参加。大阪を夜に出て、五竜とおみの駐車場に着くころには空が明るくなり始めていた。
     わずかな時間であるが、仮眠をとる。
     ゴンドラが動く前から、長い列。チケットを求めて並ぶ登山者。
     さすが、五竜。
     荷物は軽量にしようと思ったが、それでも17キロ超になってしまった。
     ゴンドラ運転開始で乗車し、アルプス平到着。
     アルプス平から地蔵の頭へ向かう。
     
地蔵の頭
今年は雪解けが早いのか、地蔵の頭までの道は雪が少なく歩きやすい。
アイゼンなしで歩行可能。
空は青く、荷は重く、薄着でも歩行可能だが、標高の高さもあり休憩すると寒い。
遠見
    大小のピークをいくつかすぎる。
   遠見尾根は 小・中・大と3つしかないと思いきや、それ以上にピークがある。
   雪庇になっている箇所もいくつかあって、休憩するさい、注意するように言われる。
   雪崩はこわい。
P1010768.jpg
   大遠見尾根にて幕営。14時くらいから天候崩れはじめたが、CL石田がせかした(指導)おかげで雨に打たれる 
    ことなくテントに入れた。
   16時からラジオを聴き、天気図を記入。
   書き写すので精一杯で、図にはならなかった。 CL石田の天気図を参考に今後の予定を立てることになった。
   夕食は松長さんが野菜と揚げさん入のうどんを作ってくれた。とても美味しかった。
   
    五竜から
   5/5は天候が崩れるとの予報。
   雨に打たれての下山も辛いと考え(CL石田)
  5/4大遠見尾根から五竜岳へ、そして大遠見に戻りテント撤収し下山できれば・・・・と。
                                         5/3までの記録 前山
                  
5月4日夜半雨風強くテントもかなり揺れていました。
気温もマイナス私は夏用プラス6度までのうすいシュラフでかなり寒く軽量化を少し後悔しました。起床は3:30頃朝食は美味しくいただきました。
ロープ、マット、シュラフカバー、ツエルト、ガス、ダウンジャケット等リュックにパッキングのうえ4:50頃西遠見のテント場を出発しましたがその頃には青空も見える位迄回復しました。
夜半の荒れ模様の天気で雪が凍っていてアイゼンに適度に雪が刺さり歩き易かったです。
尾根から白岳を通らずトラバースで白岳をクリアでき時間の短縮が出来ました。
五竜山荘に6:45分頃着。
休憩後7:00頃出発。
夏道は尾根沿いで山荘から真っ直ぐですが途中から右寄りにトラバース、
雪がだんだん溶け柔らかくなり足元の不安なところもあり慎重に足を運び山頂に8:45分頃到着良く晴れ北アルプスが一望最高の気分で写真撮影もバッチリ、風も穏やかで寛げました。
9:00頃下山開始途中やらしいところは他のパーティーはロープを出していましたが、ロープは使いませんでした。
10:20頃五竜山荘に到着。休憩後10:30頃出発。
途中石田さんより足運びの指導を受けつつ11:30頃テント場到着、朝出発前に昼迄にテント場に戻る事が出来れば5月4日中に下山するとのことでした。
テント場撤収トイレ埋め等で出発は12:30分頃になりました。
中遠見着13:30頃。アルプス平15:15着。
途中スキー場の横断は皆必死に走りました。テレキヤビン駅15:30着。
5月5日の天気予報で天気が下り坂とのことで早く下山した事は正解でした。
今年のゴールデンウィークでは10名程遭難者が出ましたが多くは5、6日の悪天候が最大の要因だと考えられ、改めて気象予報の重要性を感じました。
                                     
                                                   5/4からの記録 木田

感想
クラブで行く、合宿は、学ぶべきことが多い。
初めて、合宿に参加した頃、パッキングも下手で、不必要なものも持参していた。
テントの中でも、常に探し物をしていて、よく注意された。
雪上技術も未熟な部分がある。先輩方に学び、また自己研磨をし、いろいろな山に挑みたいと思う。
                                   前山
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。