Entries

2013年1月20日(日) 取立山(1307m 福井県)

参加者 石田、辰巳、りょ

1月19日(土)
21時過ぎに大阪を出発
1時頃、福井県勝山市の「東山いこいの森」という登山口周辺に到着。雪が降っていたので、
登山口から10分ほど戻ったところにあったチェーン脱着場で車中泊することにした。
トイレがある場所はなにかと助かる。

1月20日(日) 雪時々曇のち晴
6時 起床
7時35分 登山口出発
9時20分 林道終点駐車場
11時18分 頂上
12時20分 林道終点駐車場
13時 登山口帰着

朝起きると雪がまだ降っていた。登山口に移動する。駐車場に私達の車のみ。うっすらとトレースは残るがここ2日ほどの雪で少し埋まっている。
登山口となる「東山いこいの森」というレクリエーション施設の駐車場まで移動し、準備をし国道を渡っていきなり軽いラッセル開始。途中、キャビンのような点在する小さい建物の間を歩いて進むがトレースが違う方向に行く。まっすぐ進むと思いっきりのラッセル。とりあえず、この、違う方向に進んでいるような気がするトレースをたどることにする。トレースが終わったところから本格的にラッセルをするがどこからともなくトレースが出てくるのでまたそれをなぞる。
樹林帯を抜けると前方上にぽっこり丸い小さいピークが見えた。その手前はちょっとした急傾斜。ガイドブックに書いてあったジグザグに登る尾根、だろうか?だとしたらあれが頂上?かわいらしいなぁ…と話しながら進むと、辰巳さんが、ちょっと離れたところに案内板が雪から出ているのを見つけた。ということは、ここは林道終点駐車場ということになる。確かに雪をかき分けて登ってきたので時間がかかっているとはいえ頂上煮到着するのは少々早すぎるか。

傾斜を登り始めたところで、後ろからスノーシューを履いた3人に抜かされた。
この灌木帯を抜けて先ほど見えたぽっこりしたピーク辺りにさしかかると南側からの風がきつくなる。少々寒い。寒いが、お腹も少し空いてきた。ここらで1本取ることにする。すると後から単独の人が抜かして行った。この人もスノーシューだった。

再び歩き始めた頃、先ほどの3人が下りてきた。あら、頂上はすぐそこだったのか?それなら休憩はも少し待ったらよかったか、と思ったが単独の人は戻ってこない。と、うっすらとガスの中、単独の人がずんずん進む姿が見えた。トレースがついているので、追いついて話しかけると、先ほどの3人はトレースがないから、といって引き返したらしい。ラッセルを代わりましょうと先頭を行くのを申し出たが、こちらはわかん。スノーシューとの浮力の違いを思い知らされ、ぐぐと股くらいまで潜ってしまうので、2歩進んだところで、やっぱり私が行きましょうと単独行の人に先に行ってもらうことにした。

周りはガスが濃く展望はなし。50m程先も見えているのかなんだか辺りの空気と地面が一体化して分かりにくい。振り返るとあと3人、辰巳さんと石田さんの後ろに続いていた。
そうこうしてるうちに10分ほどで頂上だろうというところに到着。そこから先に進むと下りになったので、ここで頂上に到着、だった。
1本くらい高い木があれば地元の山岳会製作の山名と標高が書いた札なんかがあっただろうに。頂上には雪から飛び出すような木はなく、おそらく地上に突き刺してるあろう札は雪の中。残念。
ともかく、3人で記念撮影をし寒いので早速下山開始。

下り始めてもどんどん登ってくる登山者。先ほどの単独の人が言っていたがこの山は冬でも比較的登りやすい山らしい。その通り、登山者が思いの他多かった。
途中、1度休憩をして一気に下った。登山口に近づく頃には空が晴れて太陽の光が射してきた。

朝は天気は良くなかったけれど、吹雪かれたわけでもないので楽しめた1日となった。

帰りの温泉は「勝山温泉センター水芭蕉
(大人500円)に入りさっぱりした。そしてまだ少し早い時間だったので北陸道の木之本インターで下り、木之本町内で買い物をして帰った。買い物でもテンション上がって、楽しかった。こちら方面に行く際には木之本に立ち寄るのがこれからのお約束になりそうだ。




Ikoino mori
いこいの森のロッジの間を進む

Peak?
ピークか?と思ったけど...

Peak.jpg
ピークにて

Kinomoto 1  Kinomoto 2
木之本で立ち寄りました♪テレビで見て興味のあったサラダパン♪  (記録&写真 りょ)
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。