Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年2月11日~13日 八ヶ岳赤岳主稜と小滝アイスクライミング

参加者 Oさん(岳友)、玉ちゃん(岳友)、りょ

夏のヨーロッパ山行に向けて練習すべく(玉ちゃんとりょ)八ヶ岳へ。Oさんは保護者の立場なのでリードはしない予定だった。

2月10日(金) 
22時30分 吹田出発
翌2時30分頃 諏訪南IC出
3時過ぎ 美濃戸口駐車場到着 八ヶ岳山荘の駐車場に停車できた。雪少なく車も少なかった。

2月11日(土) 晴
6時起床 5時起き、6時出発の予定だったのに寝坊してしまった
7時15分 美濃戸口発
8時5分 美濃戸着 ここまでの林道、雪少ないが氷が張っておりかなり危険。車の乗り入れも自信がなければ止めておいた方が無難。
10時20分 阿弥陀が見える場所に出てくる。上空はかなり風がきつそう。頂上付近の雪が風で飛んでいる。
10時45分 行者小屋着 ここまではそう雪が多いと思わなかったが稜線を見るとびっしり雪がついている。ひぇ~。八ヶ岳のイメージじゃないですよ。テントを張り、必要なものだけ持って主稜へ取り付くべく文三郎尾根を上がる。主稜を登るパーティが見えた。Oさんとりょの2人は睡眠不足と運転の疲れからか体がだるくとてもしんどい。特にりょはとぼとぼとしか歩けず。
13時25分 1P目。りょ→玉の順番で登る予定だった。出だしのチョックストーンがつるつるに凍っていたがとりあえず抱きかかえて乗り越す。
14時過ぎ 2P目。玉ちゃんリード。手こずる。時間を見て日暮れに間に合わないと判断しこの日は下りようと提案。2人共賛成し、懸垂をして1P取付よりやや下まで下る。そこから、文三郎尾根までトラバースをなぞり帰る。
トラバースをしていると、文三郎から2人こちらにトラバースしてきた。何をしに、この時間に主稜の取付に向かうのか?見ているとロープを出して登りだした。いくらなんでも遅すぎるだろう。小屋に泊まるにしても、だ。最近は他人の考えていることが分からない。常識が通じないというか、多種多様になってきているというか...。
15時15分過ぎ テント場(行者小屋)帰着。テントが増えている。赤岳鉱泉の人がテン場代を徴収しにきた。1日1人1000円。高い。鉱泉の小屋とテン場、行者の小屋合わせてこの週末だけで260人が滞在しているらしい。すごい密度だ。
17時頃 夕食の準備 食担玉ちゃん わかめスープと生野菜入り酢豚丼
20時頃 周りはまだ少々ざわついているが、就寝。次の日は5時半起床、6時半出発とした。
底冷えの八ヶ岳だけあって夜中はかなり冷え込んで冷たかった。


2月12日(日) 曇のち晴
5時半 起床 朝食お茶漬け。水がかなり凍っていた。ご飯も凍った。お湯を沸かすのに時間がかかる。ハイパワーのガスヘッドを使うべき。時間は貴重。冷たいお茶漬けを食べた。お茶漬けは八ヶ岳には合ってないか。
7時15分出発 6時半出発予定なのにのんびりしてしまった。ガスがひどく頂上から稜線は見えず。風もきつい。文三郎を登っているとコールが聞こえる。すでに1パーティ登っているようだ。抜きつ抜かれつで3人パーティと会う。取付を通り越してしまい戻る。登ってくる一般登山者に「敗退ですか?」と聞かれる。誰が敗退なんかするものか。ガスが出て風が強い位で敗退なんかするもんか。
取付へのトラバース地点で先ほどの3人組がうろうろしていた。雪は固く締まって歩きやすい。取付までとととと歩いて到着。
8時15分頃1Pスタート。順番はりょ→Oさん→玉ちゃん→りょ→Oさん→玉ちゃん。
先ほどの3人組は結局登ってこなかった。1P終わってビレイしているとソロの男性1人と2人組が登ってきた。ソロの人は先に行き、2人組には3P目辺りで抜かしてもらった。結局この日は私達を含めて4パーティが登攀。
5P目辺り(9時45分頃)でOさんの腕時計の温度計がマイナス14.6℃を表示。極寒である。
10時頃から薄日が差し始め、11時頃から完全に青空が見える様になったが風は相変わらずきつい。そして体が冷える。
7P目(11時30分)、りょ、ムーブを考えずに取付、はまってしまい混乱。Oさんに代わってもらう。ここからOさん→玉ちゃん→Oさん→玉ちゃん→りょ&Oさん同時雪稜歩きで終了点に到着(14時)。6時間もかかってしまった。

岩場にはびっしり雪がついており、赤岳鉱泉のブログによると8日辺りに夜10時まで雨が降っていたらしい。その後、この水分が氷となって岩に張りついた状態で悪かった。トポ図に記載のII級というグレードよりは1つから1.5くらいはグレードがアップしていた。ガバがガバにならない。氷のホールドをパーミングで持てないっちゅうねん。
頂上小屋の横で風をよけ半時間ほど休憩を取る。誰も何も食べておらず、途中で出したスニッカーズにかなり助けられたと褒められる。Oさんがココアを作ってくれた。お湯は冷めていたが甘さにほっとする。私はとにかく行動食を食べまくる。柿の種におつまみにバランスアップに…。落ち着いてほっとした。
14時半 頂上。記念撮影して下山開始。
よく晴れており阿弥陀の下降路がよく見える。富士山は角度的に見えなかった。北アルプスも見えたし言うことナシ。
15時半テン場に到着。2パーティほどこの時間から下山するらしくテントを片付けていた。ソロの人が3組やってきて合計5張のテント。前日と違って静かな夕方だった。
18時 夕食。おつまみなどを食べてそこそこお腹いっぱいなので、前日に残ったアルファ米の小1袋を使って、カルボナーラ味リゾットにした。粉チーズをかけてかき混ぜてとろっとさせるといい感じでおいしかった。大好評だった。オニオンスープも料理に合って美味しかった。途中で買ったペットボトルのワインもほどよく冷えて3人共大満足だった。
19時半 就寝

2月13日(月) 曇
4時半起床 朝食はマルタイラーメン(玉ちゃん食担)。なかなかおいしかった。湯がく時間を短めにし、水を少なめにするのがコツ。ラーメンの具を入れてボリュームを持たせた。
7時半 テン場出発
8時10分頃 南沢小滝着 11時まで小滝でアイスクライミングを楽しむ。ものすごく発達していてびっくりした。ちらりと見えた大滝もかなりしっかり凍っていたようだった。
11時30分 下山開始。美濃戸から美濃戸口までの林道は、2日前と比べて状況は悪くなかったが念のためにアイゼンをつけた。美濃戸口近くのUピンカーブの橋の近くで4人ほどがアイスクライミングを楽しんでいた。
13時15分 美濃戸口着
13時50分 もみの湯でお風呂に入る。大人600円。この後、帰阪。一宮で混んでいたので大阪に着いたのは21時前になった。

水場 あり。わんさか出ている。



赤岳主稜2ピッチ目  赤岳主稜6P目  赤岳主稜7P目 
2P目の出だし越えたところ  6P目。雪稜を登る  7P目 この後核心部

 赤岳主稜ラストピッチ  Bunzaburo.jpg  南沢小滝
最終ピッチあたり   文三郎尾根を下る。下りは早い  南沢小滝

                                     (記・写真 りょ)
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。