Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弥陀岳北陵

日時 2011年2月26日~27日
参加者 都倉、茶谷、りょう

2月26日(土) 快晴
久しぶりのバリエーション。アイゼンからしばらく離れていたメンバーがいたので阿弥陀の北稜に登った。
日曜は天気下り坂ということでこの日、入山して行者小屋付近にテントを張り、11時頃登りに出発。

樹林帯は風が通らず暑いくらいだった。雪は締まりバイルががしっと雪面に刺さる。気持ちのいい瞬間だ。
前に2人パーティが2組登っていた。
私たちの後ろから4人か5人、1パーティが来た。

岩稜帯、ロープ2ピッチ出す。阿弥陀の下りはルート本に書いてあったように恐怖であった。前向きに下る練習をしたい気持ちがあるにも関わらず怖くて後ろ向きで下りる。前向きに下る時のコツってあるのか。

メンバーが1人ちょっとしんどがってたので、テントに帰着したのは17時だった。

日曜は天気が下り坂、ということだったが結局1日天気は持った。

amida 1
よく載っている2P目のナイフリッジ。数歩の間だけどよく載っているのだけど
実際に目にすると、やっぱりはずせないこのアングル。

amida 2
2Pを終えて阿弥陀岳山頂へ向かう。幅の広い雪稜で風もたいしたこと
なかったのでロープは出さなかった。
amida 3
で、阿弥陀岳から中岳方面への下り。分かりにくかなぁ。とにかく急斜面。

一般ルートのメンバーと合わせて合計6人という久しぶりに賑やかな山行になった。
                                         (記 写真 りょう)
スポンサーサイト

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。