FC2ブログ

Latest Entries

2019年1月 経ケ岳

先週の剱岳の下山から一週間。

今週末は少し休養したいと言う思いもありながらせっかくの冬山シーズン、寒波の積雪を期待して三連休に福井県の経ケ岳に四人で入山しました。


経ケ岳で検索するとだいたいは中央アルプスの経ケ岳にが表示されますが、福井県の経ケ岳も山容が美しく人影も少ないとても良い山でした。


大野市の案内 ↓


□参加者

石田、北村、山崎、早川


□1/11(金)

22:30 大阪駅 

2:30 福井県立奥越高原 青少年自然の家 

          仮眠


□1/12(土) 晴れ


8:00 六呂師高原スキーパーク出発 510m

10:00 旧スキー場 リフト跡 799m

10:50 法恩寺林道 経ケ岳登山口 899m

14:45 保月山 1272.8m




大阪を発ち青少年自然の家に着いて車中泊。

5時に起床。

自然の家から登山道の入り口が分からなかったのでスノーパークの駐車場まで移動。


地形図とコンパスを見ながらルートを推定。


旧スキー場の最上部のリフト跡の降り場あたりまで登ってから北西方向に尾根沿いで進むと判断する。


スキー場を上がる途中右手に青少年自然の家が見えて林道らしきものがあった。通常は青少年自然の家から入る様だ。


夏山なら日帰りで行ける山だがこの雪深いシーズンの三連休に登山者は我々だけで全くのトレースなし。


スノーパークを上り詰めたあたりで雪に足が取られ始めて早速ワカン装着。

その後は基本的に尾根沿いを進んで行く。

rasseru.jpg 


うまくルートファインディングすれば藪漕ぎをしなくても楽に行けたのかもしれないが、そううまくいくわけもなく雪を掻き分けながら藪漕ぎの二重苦にもがきながらかなりの時間をロス。


藪の中だと雪が薄く足を踏み外し沈んでしまう。さらに沈んだ後に木の根っこや枝にワカンが引っかかりそれを抜くのにパワーを使ってしまう。


木のそばを避けて歩くがそれでも小さな藪の上の薄雪にやはり足を踏み外す。

体力は使ったが初日は樹林帯の緊張感はあまり無い冬山歩き。


初日の目的地である保月山(ほづきやま)に到着する手前で年配のご夫婦が後ろから我々のつけたトレースを辿って追いつき合流。


その後はご夫婦にもラッセルを手伝ってもらいながら14時に保月山頂に到着。

山頂はキャンプ適地でその夫婦の方と二張りは作れるスペースがあった。


IMG_9449-EFFECTS.jpg 


大野の町灯りと荒島岳の山容が綺麗に見える平らな一等地は年配の夫婦の方に譲って我々は斜めの積雪を頑張って平らに削る。


ラッセルに疲れてたが若者?はやはり労働すべきである。


晩ご飯は石狩鍋を頂き明日へのアタックに備えて19時に就寝。




□1/12(土) 晴れ


5:00 起床

6:50 保月山発 1272.8m

9:15 杓子岳 1440m

9:50 中岳 1467m 10分休憩

10:15 切窓 1380m

11:30 経ケ岳 1625.2m 20分休憩

12:20 切窓 1380m

12:55  中岳 1467m

13:30 杓子岳 1440m

14:25 保月山 1272.8m



rasseru3.jpg


朝から予報通り天気良く絶好のアタック日和。

アタックの装備でテントから経ケ岳までのピストンの予定。


保月山を出発して雪庇の付いた痩せ尾根と杓子岳手前の雪の被った斜面の乗越。

ここが今回の山行の核心。


痩せ尾根の雪庇は植生のある高度のため雪庇の踏み抜きをしないように雪から木の見えている辺りを狙ってキックステップで蹴り込みながら滑落しないように慎重に進む。


雪深い時のラッセルはポールで前の雪を落としてその雪を足で踏み固めろと言う会長の指導のもと少しずつ進む。


元々壊れかけていたポールが雪かきの途中で折れてしまいその後はポール一本での行動となる。


痩せ尾根のどん詰まりで牛岩と呼ばれる崖に突き当たる。名前の通り牛の背中からお尻の様に落ちている。

確保なしでは降りれないので一旦引き返し牛岩を巻いて再びラッセルで先に進む。


すぐに杓子岳手前の急な斜面にぶち当たる。


この斜面に雪が多く付いて、雪を掘っても下に植生がありワカンでは埒が開かなくなり時間がかかる。


後から追いついた昨日の年配のご夫婦がアイゼンを履いておられて、我々に見かねて植生の上を乗っ越してもらってようやく脱出。


体力だけではないベテランの方の足さばきとルートファインディングに感服。


9:15ようやく杓子岳に到達。

やっと経ケ岳が美しく見えて完登が見えてくる。


ここでしばらく休憩。


rasseru2.jpg 

杓子岳から中岳までは広く平らな尾根が続く。

風の通り道で雪が硬く重い。

一歩一歩の足の運びが重いラッセルがしばらく続く。


経ケ岳手前のピークの中岳でしばし休憩。

経ケ岳のルートを考える。



結局、下部の切窓のコル付近ではトラバースはせず右の熊笹の生えた急登の尾根を人の文字の様に尾根が交わるところまで登りきり、交差付近で上部の尾根に移動し登り切る。


経ケ岳の頂上手前の尾根も風で雪が薄くて硬くなり蹴り込みに苦労する。

こうなるとアイゼンの方が歩きやすい。



11:30ようやくピークに到着。

快晴。白山、別山、御嶽山の姿がとても美しい。

ラッセルで共闘した年配のご夫婦と労をねぎらいお互い写真を撮りながら20分ほど小休憩し下山。


下りが核心やから気をつけやとの会長の言葉通り帰りは雪解けが進んでいて特に後列だとステップも崩れ足を何度か取られそうになる。

また溶けた雪の下から木の枝が出てきてワカンに引っかかり躓きかけてヒヤリとした。


事故は下りが多いと言うのを身をもって体験する。


道中、地元の若い登山者が一人でスタコラサッサと降りてきて颯爽と我々を抜いていく。

別の尾根から経ケ岳に上がってきて日帰りで下りていくとのこと。

やはり地元の人は慣れている。

我々の二倍のスピードは出ている。見習いたい。


14:25になんとか無事に保月山のテントまで到着。


年配のご夫婦は今日そのまま麓まで降りて美味しいもの食べて車中泊。明日三重まで帰るとのこと。


鈴鹿の山も山行するそうだが人が多くて経ケ岳の様に人影の少ない山に行くのが好きなんだそう。

古い革靴を履いていたので話が盛り上がる。33年使い続けているそうだ。


ご夫婦と別れの挨拶をして我々も祝盃。

剱岳のように体調不良にならないように今回はお酒の量はは控えめにしたのでささやかに。


今晩ここでビール飲んだら美味いやろなぁと思いながら



□1/14(月)晴れ


7:20 保月山発 1272.8m

9:45 林道出合 890m

10:30 リフト跡 799m

11:20 駐車場 510m





朝から快晴。荒島岳のモルゲンロートが美しい。

これだけ晴れが続くのも冬の日本海側では珍しい、、

天候に恵まれた山行であった。


帰りは行きにつけたトレースの付いた道を戻る。体調の悪いメンバーもいたためゆっくり休みながら下山。


下山後は温浴施設うらら館にて入浴し昼食。

さすがにそば処の大野だけあって蕎麦が美味しい。


麓のスノーパークでリフト番をしているおじさんと話をすると今年は雪が少ないそうだ。


それでも人影少なくトレースの無い雪深い山に入ってルートファインディングとラッセルの練習を二泊三日で十分楽しむことができた山行だった。


来年も同様の山行練習を続けていきたい。


2018冬合宿 劔岳山行記録


参加者 石田,北村,早川

◾️12/30(日) 
 20時10分梅田出発
 小矢部川SAにて仮眠

◾️12/31(月)  曇時々雪 伊折→松尾平 
 4時起床 4時30分出発  流杉PAにてパッキング
 6時上市駅にてタクシーに乗換 7時伊折到着
 7:20伊折-11:10馬場島-11:35登山口-13:20松尾平テント設営 18時就寝

IMG_9305-EFFECTS.jpg 
伊折から馬場島に行くまでのあいだに朝からヘリが飛んでレスキュー。
馬場島の駐在所で大窓付近で無事救出したと富山県警の方から聞き安堵。


12/30(日)に5パーティが先行して入山。そのためトレースがしっかりしていた。
途中体調不良などで何人か降りてきたので話を聞くと複数パーティで交代しながら早月小屋までトレースを付けたそう。
12/31(月)に入山のは我々だけでラッセル泥棒になってしまった

予定通り松尾平でテン泊し、晩は年越し鰻丼



◾️1/1(火) 晴のち雪
 5時起床 
 7:25松尾平-12:15標高1640m付近テント設営 18時就寝

朝から新年らしい穏やかな天気

北方稜線の初モルゲンロートが美しい。

IMG_9309-EFFECTS.jpg 
昼から予報通り雪が降り出し上に行くか降りるか悩んだ
北村さんの取り敢えず上がれるところまでとの熱意に押され1640mまで上がりテント適地を見つけて13時くらいにテン泊。

前日に早月小屋に入ったパーティは今後の降雪予報を見越して全て下山していく。

すれ違ったパーティに話を聞くとアタックしたのは3パーティほど。

最高で2700mくらいまで。
20代前半くらいの若者が首までラッセルして到達したとのこと。

その後すれ違った中年グループが2600mくらい?

あと1組テント担いで2400mくらいにいたらしいが結局は全てのパーティが下山したとのことでした。

残りのパーティは朝の劔の写真を撮って雪の状態を鑑みて早々に下山したようだ。

夕食はうどん。途中、我々が予定の早月小屋に到着しなかったため富山県警の方から携帯に連絡あり。
お正月返上で警備に当たってくれる富山県警さんには感謝の言葉しかない。

メンバーの一名が就寝後シュラフを脱いで「寒い、死ぬ、助けて」と夢の中で魘されていたので二度シュラフを掛け直してようやく就寝。
一体どんな夢を見ていたのだろうか?



◾️1/2(水) 雪
5時起床 7:40下山開始-10:50松尾平-12:10馬場島・休憩~12:40-16:10伊折

朝から体調不良(脱水症状?)で食担変更と撤収が40分遅れ。

無事食事と水分補給で体調回復したので7:40下山開始
50cmの積雪。重い雪質。
幸いガスなくトレースのあとがぼんやり残っていたので前日のトレースを足の触感で辿りながら下山。
票布のないひらけた支尾根の分岐点とトレースっぽい窪みに惑わされる。
ガスがあったら間違えて道迷いしそうな感じだった。

前日の登りで黙々と登るだけでなく撤退に備えて地形を覚えておくようにとの意味がわかる。

12:10くらいに馬場島に到着。

どうせ春まで宿閉めるから賞味期限きれちゃうからねと馬場島荘の方からコーラいただく。

宿に泊まっていた剱岳のレジェンドのおじいさんから「2700mまでトレースあるんやから行ってこんかい」とどやされる

ちょうど宿の方を送迎する雪上車が走り馬場島から伊折までは圧雪された。
それでもかなりだるい林道歩きが続き16:10くらいに伊折に到着。

馬場島に着いたからもう安心と思っていたが早月尾根では電波状態が良かったのに馬場島以降はドコモの電波状態が悪く、結局伊折まで圏外のまま

AUのデータ通信のみ可能でLINEで連絡して大阪から上市タクシーに連絡を入れてもらう。
伊折まで迎車いただき、なんとか無事上市まで帰ることができた。

タクシーの道中、ドコモの電波が入るのが町の手前だったことを考えると馬場島でタクシーを呼ぶべきだった。AUの携帯に感謝。

最後にホテルルートイン魚津で打ち上げ🍺

四泊五日の予定が二泊三日で切り上げてもヘトヘトで八ヶ岳や穂高に比べて圧倒的に奥深い劔をほんの少しだけ味わったのかもしれないです
今回はまだまだ1640mですがいつか実力を付けてリベンジしたい。

夏合宿 北穂高岳東稜

平成30年 夏合宿報告

・期日    8月11日(土)~13日(月)
・山域    北穂高岳(東稜)
・メンバー  CL石田 上農 前山 山崎 
北村 畑 guest大澤
・タイム   8/11 あかんだな駐車場 4:40―5:30上高地6:00―横尾8:30―本谷橋9:30―涸沢11:30

8/12 涸沢4:08―南稜分岐5:20―東稜6:30-東稜コル9:00―北穂小屋9:30―涸沢12:00

8/13 涸沢5:10―本谷橋6:20―横尾7:30―上高地10:10―あかんだな駐車場11:10

 8/11   天気予報では3日間とも午後から雨のあまり好くない予報。北鎌パーティーも北穂東稜と前穂北尾根に変更して我々と涸沢まで同一行動に切り替える。上高地は相変わらず早朝からすごい人。その中を梓川沿いに明神、徳沢横尾へと向かう。久しぶりにこの道を歩く。昔のイメージとは大きく違い特に横尾の橋が立派な吊り橋に代わっているのにはおどろいた。横尾から屏風岩を左に見ながら昔登った頃を思いだす。昔に比べてブッシュが増えたようにも思う。本谷橋も立派な吊り橋に代わっていた。ここからが今日の核心。いつ来てもつらいイメージしか残らない道を涸沢はまだかまだかと登って行く。やっと涸沢到着。時間がまだ早いせいか思ったよりテントが少ない。早速テン場を探しテント設営。そこへ槍から下山したはずの大澤氏が現われる。天気が回復したので予定通りキレットを越して来たとの事。久しぶりの再会を口実に涸沢ヒュッテ、テラスで生ビールで乾杯。
201809030124128c0.jpeg

20180903011258098.jpeg


8/12   朝4:08 大澤さんと別れ涸沢を出発。北穂へのしばらく登るがガスで取り付きが確認出来ない。踏み跡、小さなケルンを目標に進む。
20180903074313db3.jpeg

他のパーティーが落としたと思われる落石が山崎を直撃しそうな場面も。
201809030740086c0.jpeg

弱点、弱点を拾いながらやっと東稜の稜線に到着。小休止の後岩稜に取り付く。グレード的には難しくないが高度感のある所も有り緊張する。
2018090301211781f.jpeg

20180903072303a78.jpeg

2018090307313397c.jpeg

最後のやせ尾根と懸垂下降が終わると東稜のコル、後は北穂の小屋を目指して登るだけ。ここもガスでルートファイディングに苦労したが無事終了。
201809030121290c0.jpeg

2018090301204395b.jpeg

20180903013521058.jpeg

小屋の前で大休止を取り北穂頂上へここで滝谷に行ったはずの蛍雪パーティーと出くわす。
2018090307132336f.jpeg

岩場はびしょ濡れで引き返してきたとの事。残念。頂上直下から滝谷を覗いて見たがガスで何も見えない。風も強い。我々も北穂から涸沢岳、奥穂と行く予定だったがいつ雨が降るかわからない状況で涸沢へ下山する事とした。途中一瞬ガスが晴れてゴジラの背が見えたが全容をそることはできなかった。涸沢到着後は祝杯を挙げに涸沢ヒュッテで生ビール。美味い!!

8/13  夜中、雷と豪雨の為どうなるかと思ったがテント撤収のころには小雨となり一安心。上農パーティーも北尾根をあきらめ一緒に下山する事に。
上高地までの道中も雨が降ったりやんだりであった。
今回は新人を対象に選んだバリエーションで有ったが、登る事自体は問題なかったが、ランナーの取り方、ルートファイディング等課題を残したように思う。今後のトレーニングにこの辺りを十分認識して臨んでほしい。

(記 石田)
                       

八海山 報告

期間  平成29年12月29日(金)~平成29年12月31日(日)
・メンバー  石田 英行  山崎 禎之

穂高や剱も良いが人の居ない所で自分達のトレースを付けようと新人の山崎と八海山へ出かける事にした。
八海山は谷川の帰り関越道を通るたびに「綺麗な山やなぁ一度は登ってみたい」とずっと思っていた山である。
 12月29日(金)21時、三国ケ丘駅前発。
12月30日(土) 3時越後川口SA到着仮眠。7時00分朝食を済ませて八海山スキー場へ向かう。
7時45分スキー場ロープウェイ駅到着。荷物の整理、身支度を整え8時20分のロープウェイ
に乗車。約7分で山上駅。山上駅とは言ってもここは4合目。ここからワカンを装着し9時出発。

しかしこの辺りにしては少ない方ではないか?
展望台前を通り約30分で遥拝堂避難小屋。無雪期なら5分と掛からない所。ここで作戦会議。このままでは今日一日ラッセルしても大して進まん。この避難小屋に荷物をデポして空身で行ける所までラッセルして引き返そう。と言う事で避難小屋の入口を掘り返し荷物をデポ。避難小屋を10時出発。


雪の為見通しは良くない。とにかく尾根沿いに標布を立てながら登って行く。場所によっては雪庇の張り出した所も有る。



約40分で開けた場所に。この辺りが4合半かとも思うがはっきりとしない。もっと天気が荒れればきっと迷うであろう。さらに約1時間、小ピークに到着、時間は12時前、今日は空身という事も有りここまでとする。引き返すのはなんと30分ほどで避難小屋到着。ま、こんなものか。
小屋は貸し切り状態と寝不足も有り小屋の中にテントを張り快適な中、荷物を減らすべく呑むものを
呑み食べるものも食べ19時に就寝。

12月31日(土)5時30分起床。前日からの天気予報で1日、2日は大荒れの天気になるとの事。
そこで頂上は断念しアタック装備で浅草岳(女人堂)を目指すことにする。

天気曇り。7時出発。昨日のトレースを辿り約40分で昨日の最高到達点まで到着。ここからまたラッセルの始まりで有る。積雪は昨日とあまり変わらず股から腰。所々胸までと言った所。昨日の最高到達点から約30分で4合半と思しき所。やや広い台地状の所でここも天気が荒れれば迷いやすい。小休止の
後約1時間で池ノ峰。ここも標布が無ければ迷うであろう。やがてコギ池と思われる窪地が見えて来る。

女人堂は目と鼻の先に見えるのだがなかなか近づかない。そして直下の急登。傾斜がきつい分ラッセルが儘ならない。頭の上から雪を掻き落とし踏みつけて登るのだがなかなか前へ進まない。それでも何とか登り切り11時30分女人堂へ到着。


薬師岳のピークが目の前に見えるのだが今日のペースならまだ後1日は十分掛かるだろう。天気が怪しくなって来た為、休息もそこそこに下山に掛かる。途中単独の登山者とすれ違うが彼も天気が下り坂なので無理はせず行ける所までとの事。結局今回の山行で人に会ったのはこの人だけで有った。13時30分遥拝堂避難小屋着。小屋の周りは昨日とは売って変わって沢山とは言わないが幾人かの人がウロウロ。1日早くてよかった。小屋の荷物を片付けて14時20分のロープウェイで下山。
結局2日間の山行で有ったが久しぶりにラッセルを満喫する事が出来た。
人の入っていないところへ自分たちが踏み込んで新しいトレースを付ける。これも冬山の醍醐味では
ないだろうか? 
山崎も新人ながらラッセルは大いに頑張ってくれた。(俺より強かったかも)
次は頂上まで行こうなぁ。
穂高や剱もそれなりに魅力では有るが自分達でラッセルをしてトレースを付ける事が出来る山。
しばらくは、はまりそうで有る。
                                    (記 石田英行)

薊岳 報告

・期日  平成30年1月5日(金)

・メンバー 石田 英行  畑 左紀子



今年は休みが長かった為もう一度山行する事が出来た。

年末に新人の畑さんに年明けどっか行くか?と誘ったらお願いします。との事で

1月4日夜発で台高山脈 大又~薊岳~明神平~国見山~伊勢辻山~大又07JPG.jpg

の予定で出発。大又手前のヘリポートで車中泊し1/5 7時大又出発 天気雪   

9時40分大鏡池着。何度登ってもこの登りはつらい。ここまではほとんど積雪無し。

ここから薊岳までも急登、痩せ尾根、岩場等が有り新人には少しつらいかも。 

09JPG.jpg12JPG.jpg 10JPG.jpg

12時10分薊岳着。雪が強くなる。10分ほど下った風の当たらない所で休息。

1JPG.jpg11JPG.jpg18JPG.jpg 

天気予報では6日も悪天との事。明日(6日)は明神平から大又へ下山する事とする。

休息後明神平へ向かって進むがテープもトレースも有るのに何かおかしい。

ルートが違う事に気付き1度引き返す。そこでまたテープ、トレースを確認し進むがどうも違う。再度引き返す事も考えたがこのまま下っても大又の林道へ出れると判断し緩い傾斜を選んで下山。15時10分林道へ合流。

 ヘリポート

16時大又へ到着。昨夜のヘリポートで打ち上げ? 

を行い6日朝から帰阪。


予定通りの行動が出ず畑さんには申し訳なったと思います。

何処でルートを外したのか検証したい。


                               (記 石田 英行)

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。