FC2ブログ

Latest Entries

2019年GW合宿 剱岳 早月尾根

2019/5/3(金)~ 5/5(日) GW合宿 剱岳 早月尾根
参加者 石田(CL)、山崎、北村、大澤、豊田、風間

近鉄八尾駅・川西駅に21:30集合
2台に分かれて、立山IC降りてすぐのコンビニに4:00に落ち合う
馬場島の手前から剱岳北方稜線の山並みが間近に迫る
馬場島にて大澤さんと合流5:00
登山口近くの駐車場はすでにいっぱいで、80m程離れた駐車場にとめました


1日目
5/3(金) 天候 晴れ
馬場島5:30~松尾平6:45~三角点11:40~早月小屋13:00

快晴。
登山口には「試練と憧れ」と書かれた石碑。

1558268371761.jpg


標高差は約2300m、早月小屋までは1500m。
いきなり急登が始まります。
登山道にはカタクリやイワウチソウなど春の装い。



前半は樹林帯の道が続きます。下山時にとても苦しめられました。



1600mの標識

5月の陽ざしは強く、重荷と暑さで汗だく。日陰で休憩をはさみながら登ります。
すばらしい景色が励ましてくれます。

赤谷尾根

猫又山

奥大日岳

登るほどに雪は多くなり、所々急斜面。

緩急を繰り返しながら、昼過ぎに早月小屋に到着。
小屋まではノーアイゼン。

小屋は営業しておらず無人。

テントを張り、水づくりをせっせと行う。

テント場は広く眺めも良い。
池ノ谷方面にはギザギザの小窓尾根、立山川方面には奥大日岳、早月尾根上部には剱岳山頂。



下山してこられた方が、突然、大きな声で「トイレは小屋を使ってください。ビールあります。」と。
どうやら小屋のご主人さん。お泊りのお客さんがあるとのことで、特別に本日のみ営業されるとのこと。

ありがたく、恩恵にあずかる。

乾杯。



贅沢な景色を見ながら、のどかな時間を過ごす。
17時頃から夕食。
雲海に沈む夕陽を眺め、一日を終える。




2日目
5/4(土) 天候 晴れ
起床3:00
早月小屋4:55~標高2600m6:45~エボシ岩7:50~シシ頭8:30~劔岳山頂9:15~
下山開始9:50~エボシ岩11:00~標高2600m12:10~早月小屋13:20

本日も快晴。

出発してすぐひと登り。
ひと登りすると、山頂まで続く尾根が見通せます。



2614峰は池の谷側をトラバース。



かなり急な登りが始まります。
傾斜が60度もあるような傾斜になると恐ろしい。
スタンスが崩れれば滑落に直結。
アイゼンを効かせて、ピッケルを深く刺しながらなんとか通過します。
終始気が抜けません。



エボシ岩。
下りは池の谷側をトラバース。



獅子頭は池の谷側をトラバースします。


カニのハサミのルンゼ。
ザレた急斜面がいやらしい。落石しないように。
アイゼンの前爪をきかせながら慎重に。



別山尾根と合流。
山頂はもうすぐ。

9時15分、登頂!



山頂からの景色は抜群。快晴のもと、北アルプス山脈を一望。
しばらく景色に見とれ、腰をおろしてのんびりする。



名残惜しいが、下山に向かいます。

ルンゼと雪壁の下りの2か所で、ロープを出して懸垂で降ります。



傾斜のきついところはバックステップで降ります。
階段状になっているところに蹴り込みます。高度を感じ、苦労しました。

トラバースも慎重に。

白い雷鳥がいました。なごみます。



雪が緩み滑りやすくなっています。
慎重に慎重にひたすら下ります。

早月小屋のテント場に無事到着。

ひと段落したところで、雪に埋めておいたビールで乾杯。
昨日の恩恵にあずかります。

まだまだ、日は高く、外で、飲みながら、つまみながら、水づくりしながらのんびり過ごします。

17時頃から夕食。
富山湾に沈む夕陽を眺め、一日を終える。



3日目
5/5(日) 天候 晴れ
起床3:00
早月小屋5:00~三角点5:50~松尾平9:00~馬場島9:45

本日も快晴。

5時出発。

急斜面の雪面を一気に下る。

緩んだ雪に足を取られ、ひとりペースダウンする。

緩み切った雪に、ステップごと流されて、数回転。

その後も急斜面が続く。更にペースダウン。

長い長い急斜面を降りきると松尾平。
松尾平手前でアイゼンを外す。
雪解けの進んだ道を下る。
しかし、まだ300m近くの下り。やはり日本三大急登。

入山時よりも、カタクリの咲き具合が華やかに。なごむ。

重荷にあえぎながら馬場島に到着。
「試練と憧れ」の石碑に無事帰ってきました。



アルプスの湯・お昼をいただき、ここで、大澤さんとお別れ。
天候に恵まれ、良い山でした。
残雪期の剱岳、とても勉強になる貴重な経験になりました。
みなさまの安全なサポートのおかげで無事下山できたこと、感謝しております。

記録:風間

2019年双子尾根バリエーション 杓子岳 白馬岳

日時 2019年5月3日~4日
場所 北アルプス 双子尾根
メンバー 上農 前山
山行形態  雪稜バリエーション
行程 5月3日 猿倉駐車場~小日向のコル~樺平 幕営
    5月4日 樺平~奥双子のコル~JP~杓子岳~白馬岳~大雪渓経由~白馬尻~猿倉駐車場
天候 晴れ
報告
P5040109.jpg
ゴールデンウィーク前半は東北にBC、後半は双子尾根から杓子岳への雪稜バリエーションを計画。双子尾根や白馬、白馬鑓ヶ岳は山スキーをする人が多く、その下見も兼ねて選択した。


P5030096.jpg
猿倉荘前を通り林道を歩く

P5030097.jpg
小日向のコルへは鑓温泉と書かれプレートからブナの木立の中を猿倉平に向けて歩く。トレースも多い

P5030099.jpg
猿倉平から正面にジャンクションピークが見える。ジャンクションピークの右側が杓子尾根で左が双子尾根、ジャンクションピークにせりあがっているのが長走沢。

P5030102.jpg
沢を横切って小日向のコルに登る。
P5030104.jpg
小日向のコルから痩せた尾根を行く。所々雪がなくブッシュが出ているところがあった。シュルンドも多く緊張。幕営予定の樺平に昼前に到着。この写真から下がった所が樺平。早い時間だったので後続パーティがJPに登っていくのが見える。
雪ブロックでテント周囲を囲み、風対策。積雪期に使用したことがなかったテントで張り綱が竹ペグを固定するには不具合があったがピッケルやスノバーで固定。
早くから寝て、3時起床のはずが、気づけば4時に起き、テント撤収などを行い。6時半出発。
P5040112.jpg
奥双子のコルあたりで、もろい岩稜がある。そこをさけて長走沢を登るトレースあるが、気温上昇で足元の雪も緩んでいるので、怖い。朽ち果てたフィックスロープが垂れ下がっている。ロープ確保で登ろうとするが逆層と岩が脆く思案している最中、ソロの登山者が杓子沢面の岩稜を登っていた。ジャンクションピークを過ぎ、緩やかな斜面から、岩稜はナイフ・エッジとなる。岩近くはシェルンドがあり緊張。そこから杓子岳頂上のの雪庇が見える。
P5040113.jpg
手前の雪壁を超え、ここを登れば杓子岳山頂

P5040115.jpg
後ろには剱岳。本日仲間が登っている。

P5040125.jpg
杓子岳から白馬岳に向かう。白馬岳から杓子岳と白馬鑓ヶ岳

14時から大雪渓を下る。デブリも多い。白馬尻まで急ぐが雪が緩み深くまではまって歩きにくい。猿倉駐車場に着いたのは16時をまわっていた。雪稜での経験不足を痛感。もっと雪稜に行き、一つ一つの技術を自分のものにしなければいけないと感じた。雪質の怖さを感じた。本日は北アルプスで滑落事故も報告されている。気温が高くなるにつれ、岩周囲にシェルンドが大きく口を開いている。雪のつき方で難易度が変わる。先行者がつけたトレースは必ずしも安全ではない。経験を積むことで見えるルートがある。安全で素晴らしい山が楽しめるよう日歩精進していきたい。               記 前山








2019/04/27(土)〜4/29(月) 五竜

参加者 石田(CL)、山崎、北村、畑、豊田、早川

平成最後の山行は五竜に

梅田に夜11時に集合
雨の中梅田まで重い荷物持っていくのが少し憂鬱だったが普段登山者で賑わっている集合場所の旧郵便局横も静かで高速も思ったほどは混んでなかった。

運転を順番に変わりながら四時くらいに道の駅白馬に到着し仮眠。


4/27(土) 1日目 合計 6時間4分

白馬五竜アルプス平08:52
地蔵の頭付近09:14
中遠見山11:23
大遠見山12:16
西遠見山14:58


五竜スキー場麓のテレキャビン乗り場から五竜のスキー場まで移動。


c12c5fe6d77604001db1d404466cbafb7_43119579_190501_0047.jpg

初日の天候は雪
予報が良く無いのでスキー客も少なく登山者は4組ほどのパーティだけが入山していた。

深い霧と雪が降る中本来なら後立山連峰を一望しながら行けるルートなんやけどなぁと遠見尾根を歩く。

少し残っていたトレースの上にも雪が積もり出し足がとられて体力を使う。

西遠見のキャンプ適地で幕営。
前日の疲れもありさっさとテントを張り食事。

湿り気味の雪でテントに入って火を起こすとたちまち湯気が出てシェルがびしょびしょになっていたのに気付く。

予報通り晩は天候が悪化して風と雪がテントにあたる風音がうるさく翌朝30cmほど積雪していた。



4/28(日) 2日目 合計 7時間25分

西遠見山05:34
遠見尾根分岐06:49
白岳 06:41
五竜山荘06:55
五竜山頂09:32
五竜山荘11:50
遠見尾根分岐11:53
西遠見山12:38

翌日は朝3:00起床 5:00出発。

goryu_IMG_0548.jpg


前日の積雪により西遠見からG0取り付きまでのラッセル時間や前日までの硬い雪の上に積もった積雪の表層雪崩を考慮してG0は中止し一般道からの五竜のピークハントに変更。

もう一度午後に西遠見からG0を見たところ大きなシュルンドが出来て雪崩の危険性が増しており雪の状態が不安定なのが見ても分かった。実際我々以外どのパーティも誰も取り付いていなかった。

2日目に五竜のピークに行くパーティは多かったが、我々は先頭から二番目のパーティだった。

goryu_P4280498.jpg

大きな雪庇を見て雪崩に関してのリスクの解説

c12c5fe6d77604001db1d404466cbafb7_43093635_190501_0065.jpg


五竜山荘まではトラバースではなく雪崩リスクを想定して尾根寄りに進む

五竜山荘で休憩。
ゴールデンウィーク前半は山荘は開けてないようだ。
帰りに缶ビールを買おうと考えていたメンバーからは落胆の声が聞こえた。



c12c5fe6d77604001db1d404466cbafb7_43119579_190501_0029.jpg

五竜山荘から先は一部アイスバーンにもなった雪と岩のミックスのいやらしい岩稜帯でトラバースもしながら滑落しないようを慎重に進む。

実際後発のパーティが滑落して100mほど滑り落ちていた。
下から大丈夫という声が聞こえて大事には至らなかったようで良かった。

山に登っている限りは誰にでも落ちるリスクはある。他人事と思わずに気をつけたい。



頂上手前の急登は空身で行いバランス良くスピード重視で登る事を優先しなんとか無事に全員で登頂。

その後は来た道を引き返し13時くらいに幕営地に戻る。

4/29(月) 3日目 合計 4時間53分

大遠見山06:40
中遠見山07:45
地蔵の頭付近 09:26
白馬五竜アルプス平09:41




三日目も午前中は天候がよく行きにはまったく視界のなかった遠見尾根から後立山連峰を一望しながらテレキャビンまで戻る。


goryu_P4290544.jpg



帰りの温泉で体の疲れを取りそれぞれみんな濃い昼食をいただいた。
山から降りたら肉とコーラを飲みたくなるのは不思議だ。

温泉から出て新聞を読むと悪天候で山での事故が多発していた。

五竜も一歩間違えれば危険なコースでなかなかハードだったが色々と勉強させられる山行であった。

東北BCツアー 月山 姥ヶ岳

場所 山形県 月山
日時 2019年 4月29日
天候 晴れ
メンバー 上農 前山
報告
鳥海山BC後、山形に移動。ふもとの駐車場で仮眠し早朝移動。月山スキー場に到着。広い駐車場にはテントもちらほら見える。リフト乗り場までひと汗かく。ペアリフトに乗りゲレンデトップへ。
P4290067.jpg
ゲレンデトップで記念写真
P4290068.jpg
着ていた雨具も脱いでシール登行。稜線が夏道になっている。雪庇の状態を確認しトラバース。
P4290073.jpg
トラバースが終了すると月山への登りとなる。そこから鳥海山が見えた。
P4290079.jpg
山頂直下は、岩の露出もあるため、板を担いで月山山頂に到着。山頂付近を滑り、雪のない場所は板を担いで滑降ポイントへ。
CLはスムーズに滑り出す。私恐々滑るが、雪が緩んで滑りやすい。楽しく滑ることが出来た。P4290088.jpg
ゲレンデトップまで滑ってきたが、姥ヶ岳に登り返し、春スキーを楽しんできた。
P4290087.jpg

                                          記 前山


東北BCツアー 鳥海山

鳥海山BC
日時 2019年4月28日
天候 晴れ
メンバー 上農 前山
行程 秡川から鳥海山
報告 
大阪を夜に出発し新潟で仮眠をとる。秋田に午前中に到着。寒気の影響で山間部では雪の予想。明日に備え、下見に行くと雪の影響もあり鉾立からは交通規制でルートを秡川に変更。雪壁に囲まれた秡川駐車場に15時ごろ到着。既に数台止まっている。秡川ヒュッテに逃げ込む人もいた(基本的に予約はとっていないらしい)。朝5時、上部駐車場は既に満車。BCシーズンの鳥海山は前夜泊が好ましいようだ。6時45分に駐車場出発。
P4280014.jpg
山形と秋田にまたがる独立峰の鳥海山(標高2236m)。雪をまといその姿が美しい。緩やかな緩斜面をシール走行。
P4280015.jpg
鳥海ブルーライン開通した直後の為、多くのスキーヤーと登山者が登っている。
P4280027.jpg
7合目過ぎたあたりで、クトーを付け登高。アイスバーンと突風により登頂を断念し滑降するパーティーもいる。早々に板を担ぐ人もいた。先行のCLはすでに登頂したのか斜面にはいない。山頂まであとわずかで転倒。斜面から滑落しそうになる。アイゼンをつけ板を担いで私も山頂へ。鳥海山の外輪山である七高山の山頂で記念撮影。その後山頂から滑降。
P4280056.jpg
アイスバーンに新雪がつもり、滑りやすい。広大な斜面を気持ちよく滑る。
P4280052.jpg
バックカントリーの聖地にふさわしい。天然ゲレンデを存分に味わう。

鳥海山に何度も行く人の気持ちがわかる。近ければ毎週行きたいと思った。
P4280065 (2)
麓は春。                                                記 前山



Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

プロフィール

seiho

Author:seiho
山屋集団のブログ
関西の山岳会、青穂クラブの面々が、山行記録、山での出来事、下界での出来事を思いつくままに綴るブログです。